なす料理大辞典♪ おいしさを再発見するおすすめレシピ24選

和洋中とどんな料理にも大活躍するなすのおすすめレシピを紹介します♪ 普段作っているレシピ以外にも、もっとなすを楽しめるようなレシピがてんこもりです。定番の和食はもちろん、洋食や中華、そのほかの料理にもなすを使って、なすのおいしさを再発見してみましょう!

2019年5月29日 更新

やっぱり定番♪ 和風なす料理7選

1. 夏でもさっぱり食べやすい!なすの塩もみ薬味和え

なす、大葉、ミョウガなどを和えたひと皿

Photo by macaroni

大葉やミョウガなど、たっぷりの薬味と和えていただくこちらのひと品。材料を袋に入れて揉みこむだけで完成ととっても簡単なのにおいしさはバッチリ。薬味のさわやかさがしっかり効いて、食欲がないときでもコレなら食べられちゃいそう。ご飯のおかずにはもちろん、お豆腐にのせたりおつまみとしてもおすすめです。

2. レンジで簡単!なすだけで「蒸しなすのごま和え」

蒸しなすにたっぷりのすりゴマを和えたゴマ和え

Photo by macaroni

電子レンジでトロトロ蒸しなすを作ったら、たっぷりのごまと絡めてめしあがれ♪ すりごまの香ばしさがなすに染みこんで、噛むたびに芳醇な香りが広がりたまらない。とろけるなすの食感も絶品です。簡単調理でパパっとひと品作りたいときにお試しあれ。

3. 焼きなす

なすの定番和食料理といえば焼きなす。こんがり焼いたなすの皮を剥くと、とろっとジューシーな果肉がでてきて、そのままかぶりつきたくなるような魅力がありますよね。シンプルながらも噛むと口いっぱいにジュワっと広がるなすの水分には、なすのおいしさ全てが詰まっています。生姜やかつお節と一緒に旬の味を堪能してください。

4. フライパンひとつで作るなすの煮浸し

出汁の旨味と油のコクが合わさったつゆをたっぷり吸ったなすの煮浸しは、ひと口食べれば至福の味わい。生姜の風味がふわっと広がり、いくらでも食べられてしまいそうなおいしさをもったひと品です。なすは最初に焼くことで色が鮮やかになり、見た目もきれいに。出来たてアツアツもおいしいですが、冷蔵庫で冷やしても味が染みてたまらない味わいですよ。
1 / 7

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

camel6808

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう