スライサーでらくらく♪ 人参の千切りのやり方&活用レシピ8選

今回は、スライサーを使った人参の千切りのやり方をご紹介します。包丁で切る千切りを短い時間で楽にしてくれるスライサー。でも気をつけていないと指をきってしまうかもしれません。そんなスライサーの上手な使い方と、人参の千切りを使ったおすすめのレシピをご紹介します。

2019年5月16日 更新

スライサーを使った人参の千切りの仕方

Photo by cestalavie

ひたすら野菜の千切りをするのが好き!という人もいますが、やはり千切りは時間も手間もかかってしまって大変な作業です。スライサーはそんな作業を手早く、楽にしてくれます。 とくに、人参はつかみやすくスライサーを使うとこんなにきれいに細く切ることができます。

材料・道具

・人参……2本 ・スライサー

作り方

1. 人参をきれいに洗って皮をむきます。包丁でにんじんの先端を小さくカットします。 2. スライサーを使って、人参を千切りしていきます。

千切りをするときのポイント

ヘタは残しておく

ヘタは切り落とさずにスライスすると、千切りの最後の方でヘタをつかむことで安定しますし、指をきる可能性も低くなります。 せっかくの食材はなるべくムダなく使い切りたいものです。無理をしてにんじんが小さくなってもスライスを続けると、誤って指を切ってしまうおそれがあります。ヘタがあるとそんな心配も減らすことができます。

上から下にスライス

にんじんは下までスライドさせたら、スライサーからいったん離すように持ち上げて、上に持ってきてからスライサーの上から滑らせるようにスライスする。 上から下へ人参を滑らせるときに少し力を入れるようにすればきれいにスライスできます。そのときに、指や爪がスライサーに巻き込まれないように気をつけてください。

人参の千切りを使ったおすすめレシピ8選

1. 常備菜にぴったりのにんじんのナムル

調味料は塩コショウだけ、にんじんの自然な甘さを楽しめるおかずレシピです。作り方も簡単、千切りにんじんに調味料をあえるだけ。ゴマの香りが食欲をそそります。 ポイントはゆですぎずしっかり水気をとること。たくさん作って常備菜としても活躍します。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS