桜島大根を使うおすすめレシピ5選

1. 歯ざわりがいい。桜島大根のべったら漬け

Photo by macaroni

真っ白で見た目がきれいな桜島大根は、漬物にもってこい。薄く切ってからべったら漬けにしてみませんか。レシピでは通常の大根で作りますが、桜島大根でも同様に作れます。大きさを生かしてそのまま薄くスライスして漬けてもいいですね。

2. もりもり食べよう。桜島大根とツナのサラダ

Photo by macaroni

桜島大根は、ぽりぽりといい歯ざわりが魅力。大根特有の辛味がないため、サラダにするとおいしいですよ。大人も子供も喜んで食べてくれます。レシピは通常の大根ですが、桜島大根でもOK。みずみずしく、あとを引く味わいです。

3. 日々の食卓に。桜島大根のみそ汁

地元では、みそ汁に使われることが多い桜島大根。火の通りが早いので、時間がないときでもパパッと作れますよ。ほっくりやわらかい食感にやさしい甘味が広がります。和風だけでなく洋風、中華風テイストとも相性がいいので、さまざまなスープに入れてみてくださいね。

4. 味が染み込む。桜島大根と手羽先の煮物

桜島大根は、煮物に最適な根菜。煮崩れしにくく味が染みやすいのが魅力です。豚バラ肉や鶏手羽元などと煮込むと、旨味をしっかり含んで絶品ですよ。ほかにも、ふろふき大根やおでん、ぶり大根などさまざまな煮物に使えます。

5. 火の通りが早い。豚肉と桜島大根のミルフィーユ鍋

Photo by macaroni

火の通りが早い桜島大根は、鍋物に使うのもおすすめ。肉や魚介類などほかの具材に火が通るのに合わせてほどよく火が通り、味の染みもいいです。レシピでは通常の大根を使いますが、ぜひ桜島大根で作ってみてください。さっぱりとした甘味で箸が進みますよ。

桜島大根の甘味を堪能してみよう

ギネス認定の大きさが特徴の桜島大根は、見た目のインパクトだけでなく、食味も抜群の大根。青首大根のような部位による甘味や辛味の違いもなく、サラダにも煮物にもよく合うため、とても使いやすい食材です。

サラダから漬物、鍋に煮物まで、大根を使う料理はバラエティ豊か。さまざまな料理を桜島大根で作ってみてはいかがでしょうか。口当たりがよく、甘味いっぱいの味わいを体験できるはずですよ。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ