ライター : 調理師/mau_naka

調理師

フードスペシャリスト/ふぐ取扱登録者/発酵食品マイスター/発酵食健康アドバイザー/漢方コーディネーター/薬膳調整師。やんちゃな男の子ふたりを育てながらも大好きな料理に関する追及…もっとみる

桜島大根ってどんな大根?

Photo by Snapmart

桜島大根は鹿児島県の桜島で古くより栽培されてきた球形状の大根です。その歴史は200年を超すと言われている伝統野菜ですよ。軽石状の荒い砂利を含んだ土壌に、桜島の噴火によって降る火山灰が混ざった火山灰土壌。稲作には向かないこの土で栽培することによって、大きいのにみずみずしい大根に育つそうです。 火山灰の影響が強いのでしょうか、桜島本島で栽培収穫されたもののほか、それ以外の地域で採れるものもありますが、味や品質にも違いがあるのだとか。

ギネスブック認定のビッグサイズ

なんと言ってもその一番の特徴は、目を引く大きさ!重さは5kgから10kgほどで、大きいものでは20kgを超えて直径も40から50cmあるのだとか。

桜島では、毎年そのでき栄えを競う「世界一桜島大根コンテスト」も開催されていて、過去には30kgを超えるものもあったそうです。その大きさはギネスにも認定されており、重さ31.1kg、胴回り119cmのものが「世界一重い大根」として記録認定されています。

桜島大根の産地

Photo by Snapmart

おもな産地

その名のとおり、鹿児島県の桜島とその周辺で栽培されているお野菜です。かつては桜島の特産品であった桜島大根ですが、1914年の桜島大正大噴火による大きな被害や、2001年まで頻発した桜島の噴火による降灰被害で桜島本島内の栽培は減少してしまっています。 現在では、鹿児島市郊外や霧島市が主産地となっていますが、噴火の頻度が減少するにつれ、桜島本島内での栽培も回復しつつあるようです。

旬の季節

桜島大根の収穫は12月中旬から3月上旬まで続き、中でも最盛期は1月中旬から2月上旬までのもっとも寒い時期となっています。おいしい旬は12月から2月。1年を通して出荷される一般的な青首大根とは違い、冬のこの時期だけに味わうことができる大根なんですよ。

桜島大根の味の特徴

大きいだけに味も大味なのでは?と思った方もいらっしゃるはず。一般的に、極端に大きく育つものは、味が劣ると言われますよね。巨大スイカやおばけかぼちゃなど、イベント会場などで目にしたことがある方も多いはず。これらはコンテストなどのために大きく育てる品種で、食べてもあまりおいしくないことがほとんどなのだとか。 それらとは一線を画すのが桜島大根です。真っ白な見た目もよく、繊維質の少ないぐっとしまった緻密な肉質が特徴です。大根特有の辛みもなく、ほんのりとした甘みがあります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS