春の訪れに。レンジで作るさくら餅

「レンジで作るさくら餅」のレシピと作り方を動画でご紹介します。ほんのり塩気のある桜の葉でもちもちのお餅と控えめな甘さのあんこを包んだ春の定番の和菓子。道明寺粉を使い、関西風に仕上げました。レンジで手軽にできるので、お花見に持って行くのもおすすめですよ。

30 分

材料

(12個分)
  • 道明寺粉(5割中粒)150g
  • グラニュー糖大さじ2杯
  • 220cc
  • 食紅(赤)適量
  • こしあん180g
  • 桜葉の塩漬12枚

下ごしらえ

・桜葉を水に30分ほど水につけ、塩抜きをします。
・こしあんは12等分し、丸めます。

作り方

1

耐熱ボウルに道明寺粉、グラニュー糖を入れ、水を少しずつ加えながら混ぜます。少量の水で溶いた食紅を加えて淡いピンク色にします。

2

ラップをかけ500Wのレンジで4分加熱し、そのまま10分蒸らします。

3

②を12等分して丸め、手のひらで楕円形に伸ばします。真ん中にあんをのせて餅で包み、形を作ります。桜葉の葉脈が浮いているほうを外側にして包んで完成です。

コツ・ポイント

・生地が手につきやすい場合は水で濡らしながら作業をしてください。
※今回使用した材料はこちらのリンクより購入いただけます
こちらのレシピもおすすめ♪

特集

SPECIAL CONTENTS