ライター : suncatch

食生活アドバイザー / パンシェルジュベーシック

大阪市在住、大学生と高校生の子をもつ主婦ライターです。育児中に長期入院生活を経験したことで、「おうちごはん」を作る楽しさ、頑張りすぎずに「おいしく味わう」ことの大切さを実感…もっとみる

口どけなめらか♪こしあんの基本レシピ

Photo by suncatch

小豆を「煮る・こす・練る」の3ステップで作る、自家製こしあんのレシピです。少し時間と手間がかかりますが、作り方を覚えるとリピートしたくなる極上のおいしさです。時間のあるときに、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

材料(できあがり500g)

Photo by suncatch

小豆…250g グラニュー糖…200g 塩…少々 ※ 目の細かいザル・こし器・さらし木綿の布きん(日本手ぬぐい)・大きいボウル2個を用意してください。

小豆の煮方

1. ボウルにたっぷりの水を入れて、小豆を優しく洗い水を切ります。

Photo by suncatch

2. 小豆と5倍の量の水を入れ、沸騰するまで強火で茹でます。

Photo by suncatch

3. 沸騰すれば小豆をザルにあげ、水道水で洗い流します。これで小豆の、アク抜きが完了です。(まだ小豆は固いままです)

Photo by suncatch

4. 再び鍋に小豆と5倍の量の水を入れ強火にかけ、沸騰してきたら弱火にします。小豆が激しく動かないくらいの火力で煮続けましょう。

Photo by suncatch

5. 常に小豆が煮汁に浸かっているように、途中で水をつぎ足しながら40~50分煮ます。

Photo by suncatch

6. 数粒小豆をヘラにのせ指で潰し、小豆の芯まで柔らかく煮えていれば煮上がったサイン。ザルにあげて煮汁を切ります。

Photo by suncatch

さらしあんの作り方

1. ボウルの上に裏ごし用のザル(又はこし器)を置き、煮上がった小豆を適量のせてヘラで潰しながらこします。

Photo by suncatch

2. 水の入った大きなボウルを用意します。1のザルを少し水に浸けて揺らし、小豆の中身の残りを水に落とします。(水に沈殿したあんを使うため。) ザルに残った小豆の皮を取り除き、残りの小豆も同様に1と2の作業を繰り返します。

Photo by suncatch

3. 左がボウル1でこしたあん、右の水を張ったボウル2には底にこしたあんが沈んでいます。奥が小豆の皮です。

Photo by suncatch

4. 水をはったボウル2の上澄みをそっと捨て、底のあんをボウル1のあんと合わせます。再度、合わせた液状のあんをこし器でこします。(混ざっている薄皮などを、こし器で取り除くため。)

Photo by suncatch

5. 水で濡らした布きんをザルの内側に広げシンクに置き、4のこした液状あんを適量入れます。

Photo by suncatch

6. 布きんで汁気を搾り、水道水を流しながら布きんの上から揉むように洗います。再度しっかりと搾り、中身をボウルに開けます。残りも同様に作業します。

Photo by suuncatch

7. さらしあんのできあがりです。

Photo by suncatch

こしあんの練り方

1. 鍋にさらしあんとグラニュー糖・水50ccを入れ、ヘラで混ぜます。

Photo by suncatch

2. 強火にかけて、常に鍋底にヘラを当てるようにして混ぜ続けます。

Photo by suncatch

3. ぼってりとした固さになれば塩を加えてよく混ぜ、火を止めます。(あんは冷めるとこの状態よりも固くなります。)

Photo by suncatch

4. バットに広げて冷ませば、こしあんの完成です。

Photo by suncatch

作るときのコツ

・小豆は水で戻す必要がありません。水に長時間浸けると煮え方にムラができるので、サッと洗ってすぐに煮ましょう。 ・さらしあんは強火で練り上げます。しっかりと底から混ぜて焦がさないように気をつけましょう。

特集

FEATURE CONTENTS