ライター : Raico

製菓衛生師 / スイーツ&フードアナリスト / フードライター

情報誌の編集・ライターとして出版社に勤務後、パティシエとしてホテル・洋菓子店・カフェレストランにて修業を重ね、デザート商品開発に携わる。一方でフードコーディネーター、ラッピ…もっとみる

炊飯器で作れる。おはぎの基本レシピ

Photo by Raico

調理時間:120分

初心者でも炊飯器で気軽に作れる、おはぎをご紹介します。味は定番のあんこ、きな粉、ごまの3種類。市販のおはぎを買う方が多いと思いますが、実はおうちで作るのもそれほどむずかしくありませんよ。

もちもちした食感に仕上げるための、ちょっとしたコツは要チェック!なんといっても、できたての味わいは格別です。

材料(約15個分)

Photo by Raico

・もち米……1.5合(225g)
・米……0.5合(75g)
・砂糖……大さじ1杯
・塩……ひとつまみ
・水……330cc
・つぶあん……400g

〈きな粉おはぎ〉
・きな粉……大さじ3杯
・砂糖……大さじ1杯
・塩……少々

〈ごまおはぎ〉
・黒すりごま……大さじ3杯
・砂糖……大さじ2杯

作り方

1. もち米と米を合わせて炊飯器で炊く

Photo by Raico

もち米と米を一緒にといだら、水に浸けて1時間ほど置いて水を吸わせます。

Photo by Raico

炊飯器に入れて1.5合の線まで水を加え、炊飯器で「おこわモード」を選択し、なければ普通に炊きます。水の分量の目安は、白飯のときと同じか、やや少なめにしましょう。

2. 米粒をつぶして、もちだねを作る

Photo by Raico

炊き上がったら少し蒸らします。ボウルに入れ、水でぬらしたすりこぎで米粒をつぶします。

Photo by Raico

半分ほどつぶれて粘りが出てきたら、15等分して団子状に丸めます。

米の粒感はお好みで残せばOKです。手に水や砂糖水をつけて丸めると、米粒が手にくっつきにくいですよ。

3. つぶあんを準備する

Photo by Raico

つぶあんは水分が多いようなら、鍋で煮詰めて水分を飛ばします。ほどよく水分がなくなったら火からおろし、粗熱を取って冷まします。

4. つぶあんを包む

Photo by Raico

ラップの上に2を平らにのばし、3を大さじ1杯のせます。ラップごと包み込み、丸くまとめて形を整えます。同様に10個作ります。(きな粉おはぎとごまおはぎ用)

編集部のおすすめ