ライター : Uli

パンシェルジュ / フードコーディネーター

ハワイ大学留学後、旅行会社に就職。国内外の食文化に魅力を感じ、現在はレシピ系記事をメインにライターをしています。お手軽料理から、パン・スイーツまで、さまざまなレシピを発信中…もっとみる

そもそも湯葉ってどんなもの?

湯葉とは、豆乳を加熱して表面にできる膜をすくい上げたもの。作りたてのやわらかい生湯葉と、生湯葉を乾燥させた乾燥湯葉とがあります。どちらも独特の食感で、精進料理でよく使われる食材です。

湯葉自体に味はついていないので、しょうゆやポン酢しょうゆをつけて食べたり、汁物に入れたり、揚げ物に活用したりするのが一般的です。

湯葉の種類

生湯葉には、「汲み上げ湯葉」と「引き上げ湯葉」があります。汲み上げ湯葉は、つまみ湯葉とも呼ばれ、箸でつまみ上げるようにすくった湯葉のこと。形は不規則で、とろっとやわらかい食感が特徴です。引き上げ湯葉はシート状で、食感は汲み上げ湯葉よりしっかりめ。一般的に生湯葉というと引き上げ湯葉を指します。

また、「乾燥湯葉」は、生湯葉を乾燥させたものです。長期保存が可能で、水やお湯で戻してから料理に使用します。

豆乳で簡単!湯葉の作り方

Photo by uli04_29

調理時間:30分

フライパンや鍋を使う、簡単な湯葉の作り方です。豆乳の表面に膜ができるのを待ったら、膜をすくい上げるだけなので、気軽に作ることができますよ。「汲み上げ湯葉」と「引き上げ湯葉」の両方を作って、違い楽しむのもいいですね。お好みのすくい方で湯葉作りを楽しんで、できたての湯葉をご堪能ください。

材料(2~3人分)

Photo by uli04_29

・無調整豆乳……約600cc(湯葉用)
・無調整豆乳……約200cc(できあがった湯葉を浸す用)

下準備

湯葉を浸す用の豆乳(約200cc)を、保存容器やボウルに入れておく

作り方

1. 豆乳をフライパンに注ぐ

Photo by uli04_29

豆乳をフライパンの深さ2cmほどまで入れます。豆乳の量が少ないと湯葉を作りにくいため、深さが足りるように適量追加します。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ