おうちで簡単!キッシュの作り方&人気レシピ5選

フランス惣菜の代表「キッシュ」はロレーヌ地方の郷土料理。でも今ではフランス各地どこの家でも気軽に作られている家庭料理です。冷めてもおいしいのでお弁当や持ち寄りパーティに持参するのにも最適。冷蔵庫にあるもので作れるので、いろいろな味も楽しめます♪

2018年12月27日 更新

2. 食パンをくり抜いてキッシュ

食パンをくり抜き、具材と卵液を入れてフライパンで焼きあげるお手軽レシピ。パイ生地もオーブンもなしで作れちゃいます。朝食や休日のブランチにもおすすめ♪

3. 餃子の皮でツナマヨのキッシュ

トースターで焼くだけ。ビールにもあうのでおつまみにも最適。余った餃子の皮の消費にもなります♪

4. マフィン型でつくるキッシュ

マフィン型で簡単に焼けるキッシュ。でも華やかに見えるので、おもてなし料理やアフタヌーンティ、ピクニックや手土産用などにも最適♪

5. 豆乳とアボガドキッシュ

冷凍パイシートを使って、アボカドと豆乳でヘルシー感満載のキッシュ。お好みでチーズを加えても♪

ママン(おふくろ)の味「キッシュ」

フランスで「簡単なアペリティフ(おつまみ)やデザートを持ち寄るパーティ」を開くと、まず間違いなく、テーブルの上にたくさん並ぶのがキッシュ。

私たち日本人にはちょっとオシャレに思えるキッシュですが、フランス人にとっては「台所にあるもので作れる簡単総菜」。それが証拠に入っている具材は「ツナ&ほうれん草」「ベーコン&玉ねぎ」「チョリソ&チーズ」など、いかにも気張らないものばかり。

わざわざ材料を買いそろえる必要もなく、いつでも気軽に、不意の集まりなどにも手軽に作れる料理。それが「キッシュ」です。
▼よろしければこちらの記事もご覧ください
5 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

rieyutenji

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう