フライパンでもOK!簡単&本格キッシュの人気レシピ13選

フランスで人気の郷土料理「キッシュ」。今回はフライパンで作る簡単レシピから、オーブンで仕上げる本格レシピまでご紹介します!お弁当やおもてなしにおすすめのアイディアレシピもあるので、ぜひ自分好みのキッシュを見つけてみてくださいね。

実は簡単「ほうれん草のキッシュ」

フランスのアルザス・ロレーヌ地方で愛されている郷土料理「キッシュ」。地方ならではの、お惣菜のようなものですね。一見難しそうに見えるキッシュですが、実は意外と簡単に作れるんです。そこで今回は、フライパンなどを使って簡単に作る方法をご紹介。おいしいフランスのお惣菜を、ぜひ自宅で気軽に楽しんでください!

キッシュの基本レシピ

まずはキッシュの基本的な作り方をご紹介!覚えるのはたったの4工程だけなので、すぐに実践できます。自分の好きな野菜を入れて作れるので、ぜひいろいろなバリエーションを楽しんでくださいね!

基本の作り方

① 冷凍パイシートをめん棒で伸ばして、タルト型に敷く。
② ほうれん草やジャガイモなど、お好みの野菜をカットして塩胡椒で炒める。
③ 卵と生クリームをボウルに混ぜたら、②の野菜も一緒に混ぜ合わせる。
④ 材料をタルト型に流し入れたら、オーブンで焼いて完成!

おいしく作るポイント

1. キッシュは薄く伸ばす

キッシュの生地に市販の冷凍パイシートを使うときは、生地が厚めなので薄く伸ばしてから型に敷くとおいしく作れます。オーブンで焼くと生地は縮むので、タルト型に敷くときはたるませておくのがコツです。
2. 生地に穴を開けてパリッ食感に
また、生地を敷いたら、フォークなどで穴をたくさん開けておきましょう。焼いている時に、生地が膨らんでくるのを抑えることができます。具材を用意している間は、一度生地のみで空焼きすると、パリッと仕上がりますよ。
3. 卵とクリームは黄金比を意識
アパレイユは、卵とクリームの黄金比「大きめの卵2つとカップ1の生クリーム」で作ると濃厚でおいしい仕上がりに。ただ、水が加わってしまうとアパレイユが分離する可能性があるので、洗ったり茹でたりしたほうれん草の水気は、キッチンペーパーなどしっかりとりましょう。

フライパンで!簡単キッシュのレシピ3選

1. パリパリ食感!餃子の皮キッシュ

「パイ生地がない!」「ヘルシーに作りたい」そんなときに活躍してくれるのが、餃子の皮です。餃子を作ったあと、使いきれずに余ってしまった皮があれば試したいレシピ。野菜はレンジであらかじめ温めておけば、時短にもなります。餃子の皮でパリッとおいしいキッシュを、ぜひ楽しんでくださいね。

2. 和食風味♩ほうれん草とじゃがいものキッシュ

ほうれん草は茹でおき、その間にじゃがいもはスライスして茹で、軽く潰します。あとは、卵や和風だしなどの材料と合わせてフライパンで焼くだけです。和食系のおかずに使えそうですね。

3. お弁当に彩りを!キッシュ風卵焼き

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

夏野この葉

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう