本格キッシュロレーヌの作り方!コツやアレンジレシピも大公開

キッシュロレーヌと聞くと一見とても難しそうなレシピを想定しますが、パイ生地にベーコンや玉ネギを入れた卵液を流し込んで作るキッシュを指します。今回は生地から全て手作り!ポイントを掴めば実は簡単です。基本を知って、本格キッシュに挑戦しましょう!

2018年11月14日 更新

キッシュロレーヌとは?

キッシュ・ロレーヌとは、「ロレーヌ風のキッシュ」という意味。ロレーヌ地方とは、フランスの北東部に位置し、ドイツの国境に近い場所を指しています。花の生産量がフランス第3位で、特産品はベーコンやハムにソーセージ、じゃがいも、黄色いプラムが有名です。芸術、食文化に気風があり、数々のフレンチの味を生み出した土地として知られています。

今や世界的に知られる「キッシュロレーヌ」という名称は、主にロレーヌ地方の特産品であるベーコンやハムを使ったキッシュに名付けられています。グリュイエールチーズやナツメグを効かせると本場の雰囲気に近付きますよ。

キッシュロレーヌの基本レシピ

キッシュロレーヌ

Photo by ako0811

熱々でも冷めてもおいしいキッシュ、豪華な見た目はおもてなしにも最適です。今回はパータ・ブリゼも手作りで、冷やしたバターで手早くサクサクに仕上げます。アパレイユはロレーヌ風を意識してベーコンと玉ネギでシンプルに。身近な材料ですが、コツを押さえて丁寧に作ると、自慢のひと品が完成しますよ♪

材料(18cmタルト型1台分)

キッシュロレーヌの材料

Photo by ako0811

<パータ・ブリゼ(型)>
小麦粉 100g
無塩バター 65g
塩 小さじ1/2
水 適量

<アパレイユ(生地)>
卵 2個
牛乳 1/2カップ
生クリーム 1/2カップ
ミックスチーズ 60g
粉チーズ 大さじ1
塩・こしょう 少々
ナツメグ 少々
玉ネギ(中) 1個
ベーコン 80g
オリーブ油 適量

作り方

1. バターと小麦粉を合わせます。
バターと小麦粉を合わせる様子

Photo by ako0811

小麦粉だけ先にフードプロセッサーにかけ、サラサラのふるった状態にします。よく冷やしたバターを1cm角にカットし、小麦粉と一緒に撹拌しましょう。

バターは冷やした状態のものを使うとでき上がりの食感がサクサクします。ギリギリまで冷蔵庫に入れておきましょう。
混ぜた様子

Photo by ako0811

写真のように、小さな粒状になります。そこに塩を加え、水を少量ずつ加えて耳たぶくらいの柔らかさにします。

※フードプロセッサーがない場合は、1cm角にカットしたバターを指先で潰しながら小麦粉と合わせていきます。全体をポロポロの状態になるまでおこない、塩を加え水で濃度を調節しましょう。
ひとまとまりにした様子

Photo by ako0811

ひとまとまりになったら、ビニール袋に入れて冷蔵庫で1時間くらい冷やし寝かせます。余裕があればひと晩寝かせると伸びがよく、扱いやすい生地になりますよ!
2. 型に入れて空焼きます。
しようする型

Photo by ako0811

使用する型は、バターを薄く塗り小麦粉をふっておきます。こうすることで、底抜けタイプの型でなくても型から簡単に取り出せますよ。

このタイミングで、オーブンを170℃に余熱開始しておきましょう。
こねている様子

Photo by ako0811

ビニール袋に入れたまま、麺棒で5mmくらいの厚さにのばします。使用するタルト型よりもふた周り程度大きく伸ばしておくと型に入れるときに便利です。ビニール袋のまま伸ばすことで打ち粉も不要かつ、洗い物も少なくなりますよ。
フォークで穴を開けている様子

Photo by ako0811

ピタッと型に沿ってはめて、均一の厚さになるように指先で調整します。膨らみを最小限にするためにフォークで底に穴をあけておきましょう。
くっつけた様子

Photo by ako0811

卵黄に少量の水を混ぜ、はけで全体に薄く塗ります。焼き色がきれいに付き、また表面に卵黄の膜ができることで、後で加えるアパレイユが染み込みにくくなります

※卵黄は少量で大丈夫なので、アパレイユの材料の卵から少し使っても大丈夫です。
重石を乗せた様子

Photo by ako0811

重石をのせて、180℃のオーブンで10~13分焼きます。時々回転させると均一にムラなく焼くことができますよ。重石がない場合は、耐熱皿やお米を重石替わりにのせて焼くこともできます。お米は焼いてもそのまま使えるので安心してくださいね。
3. アパレイユの具材を準備します。
切った具材

Photo by ako0811

玉ネギは2cm角程度の大きさに角切りにします。ベーコンはさっと茹でて、1.5cm幅にカットしておきましょう。
玉ねぎを煮立てた様子

Photo by ako0811

小鍋にオリーブオイルをしき、玉ネギと塩少々を加えて炒め煮します。弱火で蒸すように、玉ネギが透き通って甘味が凝縮するまで加熱しましょう。(15~20分程度)焦がすと口当たりが悪くなります。焦がさないように十分注意しましょう。
4. 卵液を作ります。
卵液を作っているようす

Photo by ako0811

ボウルに卵を割り入れ、牛乳、生クリームを加えてしっかり混ぜ合わせます。
調味料を加えた卵液

Photo by ako0811

塩、こしょう、ナツメグで味を調えます。余裕があれば、一度この段階で濾すと、口当たりの滑らかなキッシュになりますよ。
6.卵液に具材を合わせます。
卵液に具材を合わせている様子

Photo by ako0811

卵液に、玉ネギ、ベーコン、ミックスチーズを合わせたらアパレイユの完成です。
7. アパレイユを型に入れ、焼きます。
アパレイユを型に入れ、焼いていく様子

Photo by ako0811

空焼きしておいた型に、アパレイユを加えます。アパレイユの分量は型よりも数ミリ低い位置までにしておくとでき上がりがきれいです。170℃に余熱したオーブンで20分焼きます。
記事を流し入れた様子

Photo by ako0811

表面に膜が張ったような状態で固まってきたら、一旦取り出し粉チーズをまんべんなく振りかけます。さらに180℃のオーブンで15分焼きましょう。時々回転させると、ムラなくきれいに焼けますよ。
8. できあがりです♪
出来上がったキッシュロレーヌ

Photo by ako0811

焼き色があまり付かない場合は、最後の5分程度は少し温度を上げてもいいでしょう。

全体にこんがりといい焼き色がついたら完成です。熱々の状態は崩れやすいので、オーブンから出したらゆっくり冷まし、粗熱が取れてから型から取り出しましょう。

作るときのコツ

1. サクサクのパータ・ブリゼを作るには、バターをしっかり冷やすこと。また成形時もできるだけ冷蔵庫に入れて、常に冷やし生地がだれないようにするのがポイントです。手作りではハードルが高い!と思われる方は、冷凍パイシートでも代用できますよ。

2.パータ・ブリゼは一度空焼きすることで、サクサク感が出ます。またアパレイユが染み込んで、べチャッと失敗してしまうこともなく作れるので気を付けましょう。

3. アパレイユはシンプルに玉ネギとベーコンですが、お好みのお野菜でもおいしく作れます。具はたくさん入っていたほうがおいしいですよ。

4. 作りやすい分量のため、アパレイユは余ります。余れば小分けしてミニキッシュにしたり、パンにのせて作るのもおいしいですよ♪

おすすめキッシュロレーヌ5選

1. 季節野菜とベーコンのキッシュロレーヌ

とっても具だくさんのキッシュです。レンコンやらタケノコが入ることで食べごたえが増し、これだけでおなかいっぱいに。朝食だけではなく、お昼ごはんにも使えますね。

いろいろと献立を考えるより、ひと皿で大満足のレシピは主婦の方にうれしいですよね。季節に応じて具材を変えると、毎回違った楽しみが増えますよ♪
1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ako0811

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう