ライター :

栄養士 / 調理師 / 野菜ソムリエ

トレンドのお料理とおいしい幸せをみなさんと共有したいです♪

【基本】おいしいキッシュの作り方

Photo by aya

今回は、生地を一から作る本格キッシュの作り方をご紹介します。アパレイユ(卵液)の具材は、ベーコンと玉ねぎでシンプルに。生地作りが面倒な方は、市販のパイシートを使ってもOKですよ!

材料(18cmのタルト型1台分)

生地(パートブリゼ)

Photo by aya

・薄力粉……90g ・強力粉……10g(ない場合は、薄力粉を100gにしてください) ・無塩バター……50g ・卵……1個(2/3と1/3にわける) ・牛乳……20g ・塩……1g ・砂糖……1g

アパレイユと具材

Photo by aya

・全卵……1個 ・卵黄……2個分 ・牛乳……80cc ・生クリーム……100g ・塩……1.5g(小さじ1/4杯) ・こしょう、ナツメグ……適量 ・ベーコン……50g ・玉ねぎ……小2個 ・グリエールチーズ……100g~(好きなチーズやミックスチーズでもOK)

パートブリゼ(生地)の作り方

1. 粉類を混ぜ合わせる

Photo by aya

粉と塩、砂糖をフードプロセッサーで混ぜて、ダマをなくします。この作業をすることで、粉類をふるう必要がなくなります。

2. バターと卵を入れて混ぜる

Photo by aya

角切りにしたバターと、卵の2/3量をフードプロセッサーに入れて、撹拌します。フードプロセッサーの熱が生地に伝わるので、バターや卵は常温でなくても構いません。

3. 牛乳を加えてなめらかになるまで混ぜる

Photo by aya

ある程度バターがポロポロになったところで、牛乳を入れてさらに撹拌します。

Photo by aya

生地がなめらかになったら、撹拌をやめましょう。このとき、バターがすこし残っていても大丈夫です。混ぜすぎるとグルテンが生成されてしまい、サクッとした生地にならないので注意してくださいね。
★フードプロセッサーがない場合は、ボウルにふるった粉と細かく刻んだバターをボウルに入れ、手ですり合わせます。卵と塩、砂糖、牛乳は合わせておき、粉とバターがポロポロになってきたら合わせたものをボウルに入れ、手のひらで生地を押さえつけるように混ぜていきましょう。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS