山芋で作るおいしいとろろ!作り方のポイント&おすすめレシピ7選

栄養たっぷり、いろいろな効果があるといわれている山芋。山芋をすりおろしたとろろは、そのまま食べたり料理にかけたりと、いろいろな料理に使うことができるスグレモノ!とろろを作る4つの方法や保存期間、とろろを使ったおいしいレシピをご紹介します。

2018年11月22日 更新

7. とろろ豚丼

何杯でも食べられそうな、とろろと豚肉の丼レシピです。ニンニクとショウガでしっかり下味をつけた豚肉ととろろの相性はバッチリ!トッピングの小口ネギも食欲をそそります。ショウガがたっぷり入っているので、寒い季節にもおすすめです。

いろいろな味付けを楽しめるとろろ!

ヘルシーでお腹もいっぱいになるとろろ。そのまま食べてもおいしいですが、定番のとろろ丼やとろろ汁だけでなく、卵を合わせて焼いたり、炒めものに合わせてもおいしくいただけます。

クセがないのでいろいろな味付けも可能。だしや醤油を使った和風だけでなく、チーズともよく合います。山芋をすりおろしたとろろは冷凍庫でひと月ほど保存できるので、小分けに保存しておけば、いろいろな料理に活用できますよ。
▼そのほか、とろろを使ったおすすめレシピはこちら
4 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

kinako

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう