ライター : bluesheepmico

主婦 / インスタグラマー

ドーンとおかずを乗せたインパクト大なのっけ丼が、食欲そそる…と大人気!「おいしい」より「うまい!」が似合う、迫力満点の料理を召し上がれ♪

手軽に作れる居酒屋おつまみ!山芋のトロトロ焼き

Photo by bluesheepmicoの

調理時間:30分

皆さまこんにちは。今日は山芋のトロトロ焼きをご紹介します。

いつも思うことですが、居酒屋のメニューというのはどうしてあんなにも魅力的なのでしょう。あのカラフルな、「大人のための絵本」のようなメニューを眺めているだけで幸せな気持ちになり、ついついあれもこれもと頼みすぎてしまいます。

私はなかでも鉄板で熱々をいただく、あの山芋を焼いたお料理が好き。どうにか自宅で再現できないかと、お店の大将にさりげなくなにが入っているかを聞いて、試行錯誤をした結果、わりと近いものができました。

混ぜて焼くだけと、作り方は至ってシンプルなんですよ。だからこそ材料の配合が大事です。それではさっそくレシピをどうぞ。

山芋のトロトロ焼きの材料(3人前 ※200mlの容器3個分)

Photo by bluesheepmico

・長芋……太い物20cm(500g)
a.卵……1個
a.マヨネーズ……大さじ4杯
a.めんつゆ(2倍濃縮)……大さ5杯
a.あごだし(顆粒タイプ)……4g
・刻み海苔……適量

「山芋のトロトロ焼き」の作り方

1. 材料を混ぜる

Photo by bluesheepmicoの

長芋をすりおろし、(a)と一緒にボウルに入れてよく混ぜる。

2. 耐熱容器に注ぐ

Photo by bluesheepmico

グラタン皿などの耐熱容器に生地を注ぐ。

3. オーブンで焼く

Photo by bluesheepmico

200℃に予熱したオーブンで25分焼いて完成。私はオーブンで焼きましたが、オーブントースターでも焼けると思います。
この料理をおいしくいただくコツは、とにかくできたてをすぐ食べること。お好みで刻み海苔をのせて、焼きたての熱々をハフハフと召し上がれ。

一見めんつゆとマヨネーズが多いかなと思いますが、味をしっかりつけないとボヤけた味になってしまいます。めんつゆを少なめにして、柚子ポン酢をかけて食べてもおいしいですよ。

お酒がすすむのはもちろん、簡単なのであとひと品なにか……というときや、ちょっと小腹がすいたときにもオススメです。

お店の味を自宅で再現してみる

私は、外食をしておいしいお料理に出会うと、「どうにかこの味を自宅でも再現できないだろうか」と考えます。残念ながら絶対味覚とやらは備わっていないらしいので、食べるときは全神経を目、鼻、口に集中させて、味や見た目を頭にインプットします。

でも不思議なもので、「材料と調味料はあれとこれでと……」と適当に作ってみると、案外近いものができたりするんですよ。ありがたいことに、友達は「それがmicoのお料理の才能よ」なんて大甘で褒めてくれますが、自分では「おいしいものを食べたい執念」がそうさせるんだと思っています。

でも、お店の味に近いものができたときのうれしさと言ったら……まさにお料理の醍醐味ですね。

ぜひ、お店の味に近いかどうか山芋のトロトロ焼きを試してみてくださいね。
マカロニメイトは随時募集中!登録は以下のリンクからどうぞ!
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ