ライター : Cucina_mamma

転勤族の夫のおかげで、住まいが変わるたびに舌が肥えてきた食いしん坊ママ。全国各地の必食グルメをご覧あれ。

やっぱり定番!魚の和食レシピ5選

1. さんまとなすの揚げびたし

Photo by macaroni

秋に旬を迎えるさんまとなすのおいしいコラボレーションを堪能してみませんか?さんまは小麦粉で衣をつけカリっと、素揚げしたなすはとろっとした食感に。みりんと醤油の甘辛なたれが、さんまとなすに絶妙に絡む逸品です。

2. さんまと焼きねぎの蒲焼き

Photo by macaroni

さんま料理で人気の蒲焼きは、たれの黄金比さえ覚えればおいしく作ることができますよ。たれは砂糖・醤油・みりん・酒が同分量。甘めの味はさんまとねぎにぴったりで、照り加減もよく仕上がります。好みで七味を振りかけて辛味を楽しむのもおすすめ。

3. 白身魚の竜田揚げ

こちらは白身魚の代表格たらを使ったレシピです。たらは淡白な味で、どんな料理にも合う万能食材。そのたらを生姜とニンニク醤油で漬けて竜田揚げに仕上げられています。香味野菜がたらの味を引き立てる風味の高いひと皿です。

4. サバとなすのスタミナ南蛮漬け

Photo by macaroni

青味魚のサバは通年手に入りやすい魚です。そんな身近なサバを南蛮だれで味わうレシピ。甘酢醤油にニンニクを加えたパンチのあるたれは、ふっくら揚げ焼きにしたサバによく馴染みます。サバの青臭みも気にならず、子供も食べやすいひと皿。

5. ブリのにんにく大葉味噌焼き

Photo by macaroni

和食の魚料理で忘れてならないブリ。照り焼きや煮付けなど定番料理がありますが、こちらはブリを大葉とにんにくが香る味噌で焼いたひと品です。調理はオーブントースターのみで手間いらず。ご飯のおかずに、お酒のお供におすすめですよ。

子どもに人気♪ 魚のイタリアンレシピ5選

6. さんまのトマトソース煮

さんまを丸ごとトマトソースで煮込むイタリアンなひと皿。生さんまはワタと頭を取り除きます。魚を卸すのが苦手!という方は、スーパーで加工してくれるのでお願いしてみてくださいね。子供も好きな味付けなので、家族で味わって。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS