旬や産地は?出世魚スズキのおすすめレシピ5選

スズキの旬や産地、ご家庭で簡単に作れるレシピなどをご紹介します。和・洋・中どんな味付けにも合うスズキは定番からパーティー料理まで幅広く覚えておて損はありません!合わせて、おいしいスズキの選び方もご紹介するので、参考にしてみてください。

2018年11月23日 更新

出生魚「スズキ」とは

突然ですが「出世魚」という言葉を聞いたことがありませんか?成長とともに名前を変える魚を出世魚といいます。「ぶり」がその代表格ですが、今回は、ブリと並ぶ出世魚といわれ、ヒ4回も呼び名が変わる「スズキ」の旬や産地、おすすめレシピをご紹介します。

スズキは、5cm前後のヒカリゴからスタートし、4年物以上で60cmを超える大物に成長し、魚類のなかでも大きいグループに入ります。受け顎で頭が大きくスリムな体型、鋭い歯はないのですが、エラ蓋の後方にトゲあるので釣りなどをする人はケガをしないよう注意してください。

スズキの旬と産地

夏の魚としても有名なスズキの旬は、6月〜8月といわれています。ただ、秋から初冬にかけ産卵にくる腹太スズキは子持ちで脂がのりおいしいとされ人気です。

産地

スズキは全国的に生息しており、一年を通して水揚げ量にほぼ変化がありません。漁獲量1位は千葉県ですが、島根県の宍道湖産が有名です。宍道湖に産卵にくる太腹スズキは、宍道湖七珍にもなっており"スズキの奉書焼き"は宍道湖周辺の名物料理としても有名です。

スズキの選び方

おいしいスズキを選ぶうえで必ずチェックしたいのが、「目」です。できるだけ目が透明に澄んでいるものを選びましょう。

見た目では、エラが鮮やかな赤い色、表面が銀色に輝いているもの。体はふっくらして締まりがいいものを選んでください。切り身を購入する場合は、透明感があるもをおすすめします。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

emi_

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう