捌き方や下処理の方法

一般的に「エソ」は、調理に手間がかかる魚として知られています。その理由は、硬い小骨が多いため。「エソ」は新鮮であれば生のままで食べることができる魚なのですが、身に小骨が複雑に絡んでいてそのまま食べるのが困難なのです。 そこでここでは、「エソ」の捌き方や下処理方法をご紹介していきます!

一般的な捌き方

まずウロコをとっていきましょう。その次に頭を落としてよく洗います。腹から尾ヒレにかけて切り込みを入れたら、向きを表に変えて包丁の背中で身を叩いておきます。それをまた裏返して、骨を付け根から剥がします。 これでエソを捌く作業は完了です♪

刺身などの下処理方法

刺身にしたいときには、「エソ」の身の特徴でもある小骨の下処理をする必要があります。側面の身は、尾ひれにかけて段々と骨が細くなっていくので、尾ひれに近い部分が刺身向き。毛抜きなどを使って小骨を抜いておきましょう。 はじめに、中骨・背中側・側面の4枚おろしにして皮を剥いでおきます。側面の尾ひれに近い部分を刺身にしたら、あとの部分はすり身などの別の料理に使うのがおすすめです。

味の特徴やおいしい食べ方

味の特徴

調理方法にちょっとコツの必要な食材「エソ」。けれども、ちゃんとした捌き方や下処理をすれば、とてもおいしく食べられます。 その身の味わいはクセがなく透明感のある白身魚。ちょっと水分が多めではありますが、熱を通しても強く締まることがありません。良い出汁もとれ、卵巣もおいしくいただける魚です♪

おすすめの食べ方

「エソ」はすり身の原料として一級レベルの食材!もっとも有名なのがかまぼこで、「エソ」を使用したものは高級品として重宝されます。かまぼこだけでなく、天ぷらやちくわに調理してもおいしくいただけるし、「エソ」の干物は通に好まれる知る人ぞ知る逸品! 地域によっては、焼きものにして食べる地域もあるのだとか。さらに生のままで刺身で食べてもおいしいという、じつは調理のバリエーションも豊富な魚なのです。

特集

FEATURE CONTENTS