ライター : Cucina_mamma

転勤族の夫のおかげで、住まいが変わるたびに舌が肥えてきた食いしん坊ママ。全国各地の必食グルメをご覧あれ。

和洋万能!おいしい鮭の見分け方

みんな大好き「鮭」は、国内で獲れるものと、北欧などで獲れるサーモンなど5種が流通しています。種類が違ってもおいしい鮭の見分け方は共通しています。 〈見分け方ポイント〉 ・皮に銀色の光沢がある ・身が深みのあるピンク色で、ふっくらしている ・ドリップが出ていない

フライパンで作る鮭の簡単炒めレシピ5選

1. 鮭のムニエル

Photo by macaroni

はじめに、鮭の料理の定番「ムニエル」からのご紹介です。ムニエルは魚に小麦粉をつけてバターで焼いたフランス発祥の料理。仕上げにオリジナルのタルタルソースをかけて、鮭とバターのコラボレーションをご堪能あれ。

2. 鮭とれんこんの南蛮タルタル

Photo by macaroni

衣をつけた鮭と、れんこんを焼いて南蛮だれで味付けしたレシピ。こっくり甘酢だけでもおいしいのですが、こちらは特製のタルタルソースもかける贅沢なひと皿ですよ。子供も食べやすい味付けで、ご飯にもお酒にもぴったりです。

3. 鮭のハーブ焼き

鮭は、和風・洋風・中華などいろいろなバリエーションに対応できて、とっても便利な食材。こちらは、鮭をハーブでいただくシンプルなレシピです。使うハーブはタイムですが、ローズマリーなどお好みのハーブでお試しあれ。

4. 鮭とじゃがいもの炒め物

じゃがいもを使ってボリューム満点のひと皿です。じゃがいもはレンジで加熱し、炒め時間を短縮。炒めるだけの調理ですが、味付けの醤油とバターが鮭とじゃがいもに絡み合い、申し分ない味を生み出します。

5. 鮭のみそバター炒め

鮭と一緒に野菜もたっぷり食べられる、栄養満点のレシピです。味付けは味噌を使い和テイストながら、バターも加わり風味の高い仕上がり。ご飯のススム味で、朝食にも夕食にもぴったり。ご年配の方も食べやすいひと皿ですよ。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS