ライター : Raico

製菓衛生師 / スイーツ&フードアナリスト / フードライター

情報誌の編集・ライターとして出版社に勤務後、パティシエとしてホテル・洋菓子店・カフェレストランにて修業を重ね、デザート商品開発に携わる。一方でフードコーディネーター、ラッピ…もっとみる

【アンティパスト】おすすめ前菜レシピ5選

1. 古代ローマ人も食べていた!?「生ハムメロン」

切ったメロンに生ハムをのせるだけのシンプルなレシピですが、おもてなしにぴったり♪ ピンクペッパーやエディブルフラワーハーブを添えることで華やかさが引き立ちます◎ 古代ローマから食べられている歴史の長いひと品なのだとか。

2. トマトとチーズの相性抜群♪「インサラータ・カプレーゼ」

定番のヘルシーサラダ。イタリアン・カラーで目にも鮮やかです◎ 食べる直前にオリーブオイル、塩、胡椒で味つけすることで、バジルがしなっとならず、きれいに提供できます。半分に切ったミニトマトでひと口大に作ってもかわいいですよ♪

3. ふわふわ感がたまらない◎「キノコのフラン」

キノコがたっぷり入ったイタリア風茶碗蒸しのフラン。温かいままでも冷やしても、どちらでもおいしくいただけます◎ 蒸し器で蒸す代わりにオーブンで蒸し焼きにしてもOK。ディップのようにパンに塗るのもおすすめです。

4. オリーブオイルの香り豊か♪「ブルスケッタ」

もともとはパンにオリーブオイルと塩胡椒のみのシンプルなレシピだったのだとか。フランスパンをカリッとあぶるのがコツです。オリーブは黒でも緑でもおいしくできます♪ お好みでバジルやチーズ、アボカド、サーモンなどを加えてもよさそう。

5. おしゃれなのに超簡単!「イチジクと生ハムのサラダ」

イチジクと生ハムも定番の組み合わせ。ブドウは種なしのものを使うと食べやすくて◎ 季節によってイチジクの代わりに、桃や柿、洋梨でもおいしくできます♪ 皮ごと食べられるように、フルーツは安全なものを選び、皮をよく洗って使いましょう。

【プリモ・ピアット】おすすめパスタレシピ5選

6. オリーブオイルとニンニクのみ!基本の「ペペロンチーノ」

Photo by macaroni

にんにくや唐辛子は火が通りやすいため、焦げないように注意しましょう。ゆで汁を加えて上手に乳化してあげることで、お店で食べるようなしっかりと味のついた仕上がりになります◎ お子さまには唐辛子を抜いて作ってもOK。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS