初心者におすすめは栽培しやすいミニかぼちゃ

ミニカボチャとは手のひらサイズのかわいらしいかぼちゃのことです。ミニかぼちゃで有名なのは「坊ちゃんかぼちゃ」ですね。 小さいけれど、未成熟ではなく立派な成熟したかぼちゃです。坊ちゃんかぼちゃなどは味も栗かぼちゃに似ており、甘味も強くホクホクした食感です。また、一般かぼちゃに比べ栄養価も高いことで知られています。

放任栽培が可能

ミニかぼちゃは痩せた土でも育てやすく、病気にも強いため初心者にも育てやすいかぼちゃです。 日光に当てさえすれば収穫でき、干ばつの方が甘くおいしいミニかぼちゃができるといわれるほど放任栽培ができます。

場所を取らない立体栽培や空中栽培も

ベランダでの家庭菜園にも向いているミニかぼちゃ。畑で地這い栽培が普通と思われますが、支柱を立てて、つるを誘引する立体栽培や空中栽培も手のひらサイズのミニかぼちゃなら可能です。

お楽しみは貯蔵してから!

かぼちゃの収穫時期は6月中旬から9月下旬ですが、収穫したばかりのかぼちゃは甘みがなく貯蔵することで甘みが強くなってきます。 まるまると太ったかぼちゃを収穫したら秋から冬にかけてが食べごろです。定番のかぼちゃの煮物にぼちゃグラタン、かぼちゃのケーキやかかぼちゃパイなど、食べごろになるまで楽しみに貯蔵しましょう。
▼かぼちゃを使ったおすすめレシピはこちら
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ