失敗を防ぐコツ

育苗のポイントは発芽をしっかりさせるために保温することです。この保温をおこたると発芽ができないので気をつけてください。

水やりの頻度とタイミング

夜、水分が多いと徒長の原因になりかねないため、水やりのタイミングは朝がベストです。かぼちゃは乾燥に強い植物です。表面が乾いたら水をあげるようにしてください。

適正温度と保温の必要性

かぼちゃには発芽に必要な要求積算温度があります。しっかり発芽させるためにも保温は必須です。 もちろん直まき、ポットまきともに保温が必要です。直まきの場合は、ホットキャップで保温してください。ポット巻も25℃から30℃前後になるよう保温、管理してください。

【定植または直まきまで】かぼちゃの栽培方法

土の作り方

カボチャは日あたりがよく水はけののよい「ほ場」を選んで植えることがうまく育つポイントになります。 植え付けの2週間前までには土作りを終了しましょう。苦土石灰を散布してしっかり耕します。直径30cmから40cm、深さ30cmほどの穴を掘ったら堆肥を入れ、まわりの土を20cmほどの高さの小山のように盛り、天辺を平らにします。 植え付けの10日前までにマルチや敷き藁をかけ地温をあげましょう。また、かぼちゃに最適な土壌酸度はpH6.0からpH6.5です。

植え付け方法

プランターの場合

プランターに植え付ける場合は、10号程度(直径30cm)の鉢に1株植え付けることをおすすめします。 プランターは深さのあるものを選んでください。深植えにならないよう気をつけまわりの土を寄せる感じで植え付けてください。植え付けが終わったら仮支柱を立てください。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ