ライター : donguri

レシピフードライター

グルメと旅が大好きな主婦ライター。最近はシンガポールや台湾などアジアの料理にハマっています。"ラクしておいしい"を日々研究中!読んでいて楽しくなるような記事をお届けしたいと思…もっとみる

初心者さんでも簡単♪ ブロッコリースプラウトを栽培しよう

Photo by donguri

スプラウトとは、植物の新芽のこと。つまり「ブロッコリースプラウト」は、ブロッコリーの新芽のことを指します。水耕で簡単に育てられる・種まきから一週間ほどで収穫できるといった手軽さから、家庭菜園初心者さんにもおすすめの野菜なんですよ。

ブロッコリースプラウトの栽培に適した温度は、20〜25℃です。室内で一年中栽培できますが、夏は風通しのよい涼しい場所に置く、冬は室内の暖かい場所に置くなど、温度管理に注意しましょう。

それではさっそく、ブロッコリースプラウトの栽培方法をご紹介します♪

材料

Photo by donguri

・ブロッコリースプラウトの種
・容器(プラスチックまたはガラス製の広口のもの)
・キッチンペーパー(コットンパフでも可)
・アルミホイル(遮光用。新聞紙や箱でも可)
・霧吹き(水やり用)

容器はペットボトルをカットしたものや、使い捨てのプラスチック容器、ジャム瓶など、なんでも構いません。収穫しやすいよう、広口のものを用意してくださいね。こちらではダイソーの「豆苗プランター」を使用しています。ザルがついており、水替えが楽にできるのでおすすめです。

栽培方法

1. 下準備をする

Photo by donguri

種を軽く水洗いし、水に5〜6時間ほど浸けておきます。

Photo by donguri

容器が耐熱の場合は煮沸消毒するか、食品用のアルコールスプレーで除菌しておきます。スプラウト栽培は菌が繁殖しやすいので、必ず除菌するようにしましょう。

Photo by donguri

容器のサイズにあわせてキッチンペーパーをカットし、3〜4枚ほど重ねて敷きます。キッチンペーパーが浸るまで、水を入れます。

2. 種をまく

Photo by donguri

水に浸した種を、重ならないように並べ入れます。雑菌が入るのを防ぐため、素手で触るのは避け、消毒したスプーンを使って入れましょう。種が重なってしまった箇所は、つまようじや竹串を使ってバラします。

Photo by donguri

容器にアルミホイルをかぶせ、遮光します。箱に入れたり、新聞紙をかぶせたりして遮光しても構いません。

3. 成長させる

Photo by donguri

一日に1回水を取り替えながら、茎が3cmほどになるまで成長させます。種が乾かないよう、適宜霧吹きで水やりをします。この間も、アルミホイルは被せたままにしてください。

4. 緑化させる

Photo by donguri

茎が3cmほどまで成長したら、アルミホイルを外して明るい場所に置き緑化させます。水やりは3(一日1回水を取り替え、適宜霧吹きで水やりをする)と同様におこなってください。

Photo by donguri

葉が開いて鮮やかな緑色になり、茎が5〜6cmほどまで成長したら、根本をキッチンバサミで切って収穫します。前述したようにブロッコリースプラウトは菌が繁殖しやすいので、成長後は早めに食べ切るようにしましょう。

収穫したブロッコリースプラウトは、サラダやナムルなどの生食から、スープや炒め物などの加熱調理まで、さまざまに使用できます。生ハムで巻いてオリーブオイルをかければ、あっという間におしゃれなおつまみが完成。ぜひいろいろなメニューに活用してみてくださいね。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ