コスパ最強!豆苗を再生するための育て方!再利用回数と水の量も

家計にやさしいコスパ抜群の野菜「豆苗」。安いだけでなく、一度収穫してももう一度栽培できるのがうれしいですよね。今回は、豆苗を上手に再生栽培する方法を紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。天候に左右されない豆苗は年中価格が安定♪

豆苗の再生栽培にチャレンジ!

豆苗とは、どんな食べ物なのかご存知でしょうか。スーパーでよく目にする野菜で、炒め物に入れると彩りがよくなる鮮やかな緑がいいですよね。ほんのりと甘みがあり、シャキシャキとした歯ごたえがおいしいんです。

この野菜、えんどう豆の若菜なんです。えんどう豆はグリーンピース、さやえんどう、スナップえんどう、赤えんどうなど、成長度合いによっていろんな顔を持つ野菜。えんどう豆をかいわれ大根のようにして栽培すると豆苗ができるんです。

この豆苗、最近一段と注目されていますよね。その理由が、再生栽培できるから。豆苗はいちど若菜を収穫してももう一度生えてくるんです。ひとつで何度も食べられることから「コスパ最高!」と注目されているわけです。

豆苗の再生方法

必要なもの

必要なものはたったふたつ。一度葉と茎の部分を収穫した豆苗の根と、水を張れるお皿です。タッパーなどでも代用できます。

育て方

育てる場所

豆苗を栽培するのにちょうどいいのは、ちょっと明るい窓辺です。かといって、直射日光が当たる場所はよくありません。キッチンに窓がある場合、そのそばに置いておくといいでしょう。

まったく日が差さない暗い場所でも育つことには育つのですが、明るい場所で育てるよりもひょろっと弱弱しい豆苗になることが多いです。

直射日光に当てないことだけを意識し、程よい場所で育てるようにしましょう。

わき芽の部分を残してカットする

買ってきた豆苗をカットするときは、根ギリギリの部分よりもちょっと余裕を持たせたほうが再生しやすいです。特に、下のほうには成長しかけのわき芽があります。これを残しておくのが大事。このわき芽をカットしてしまわないように注意してください。

豆を水に浸けない

ちょうどいい水の量は、根の部分が浸かる程度。豆まで水に浸してしまわないようにしましょう。入れすぎには注意です。

水を換える頻度や量

水は一日一回交換しましょう。暑い夏場は一日二回がいいですね。夏場は室温が上がると水温も上昇し、水が腐りやすくなります。口に入れる食べ物を育てているので、衛生面には気を配りたいですよね。

水を換える際、容器の内側を触ってみるとヌルっとすることがあります。水を交換するときついでに容器も洗っておきましょう。極力腐敗を防ぎ、清潔に保つのがポイントです。

豆苗の成長と収穫

上で紹介した方法で栽培していると、だいたい1週間から2週間で収穫できるほどの大きさに育ちます。それくらいを目安に収穫してください。買ってきた豆苗と同じくらいの長さになっていればころあいです。

栽培にちょうどいい条件は、ある程度明るい場所、室温20℃程度ですが、夏や冬では条件も変わります。夏は水の交換をこまめに、冬は暖かい場所で栽培するなど工夫するといいでしょう。

条件によっては栽培の進み具合も変わるので、様子を見つつ、ゆっくりと成長を見守りましょう。

豆苗は何回くらい栽培できるの?

豆苗は再生栽培できるスーパースプラウトですが、同じ豆から何度も収穫できるというわけではありません。一度再生したらもう新しい豆苗を買ったほうがいいでしょう。

二度再生することもできますが、一度目よりはあきらかに成長する芽も少なくなっていることがわかると思います。もし再生できたとしても二度が限度。

これは芽がでるかどうかということだけでなく、衛生面の問題でもあります。安全においしく食べるためにも、何度も栽培するよりもある程度で区切りをつけるのがいいでしょう。

1パックで二度おいしい♪

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

aaaharp

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう