種まきから収穫まで!かぼちゃの栽培方法を徹底解説!

バジルやプチトマトなど、ベランダでできる家庭菜園が流行っていますが、今回は、かぼちゃの栽培方法をご紹介します。土の作り方から種まき、収穫までの流れから、失敗をふせぐコツもご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

かぼちゃ栽培の基本

栽培に適した時期

お家の庭で簡単においしい野菜作りが人気の家庭菜園やガーデニング。どんな野菜を育てようか考えるのも楽しいですよね。

今回は育てやすく病気や害虫にも強い「かぼちゃ」の栽培法を詳しくお届けします。

かぼちゃの植付時期は4月上旬から6月下旬、収穫時期は6月中旬から9月下旬まで。おいしいかぼちゃが育つよう栽培のポイントなどご紹介するので楽しみにしてください。

栽培に必要なスペース

かぼちゃん栽培スペースはできるだけ広く確保することが望ましいですが、一般家庭では畑のような広大なスペースでの栽培は不可能ですよね。

なので、家庭菜園の場合は、1株につき2m✕2mのスペースを確保できれば大丈夫です。

かぼちゃの種類と特徴

西洋カボチャ

もともとはアメリカで餌料用だった西洋かぼちゃですが、品種改良を重ねることにより食用として進化しました。

品種も多く、一般的に店頭でよく見かける栗かぼちゃなどは西洋かぼちゃになります。香りや色もよく、甘みが強いホクホクした食感が日本人に受け入れられています。

日本かぼちゃ

日本かぼちゃの品種も多くえびすかぼちゃなどは店頭でもよく見かけれます。また、日本料理店で伝統料理の素材として重宝されることが多いようです。

しっとり粘り気の多い日本かぼちゃの味わいは淡白です。黒皮かぼちゃなどは煮崩れしにくいので煮物などに向いています。

【タネまき〜育苗まで】かぼちゃの栽培方法

直まきの場合は、直径4cmから5cm深さ1cmほどの穴を開け種を4粒から5粒まきます。水やりをしたら3日から5日ほど待つと発芽します。本葉が2枚から3枚どきに1本立ちしてください。

ポットまきの場合は、土(栽培用土は市販の培養土)を用意し3号ポットに詰めたら種を下向きにして2粒から3粒まきます。発芽して本葉が4枚から5枚出始めた頃に定植になります。元気のいい苗を間引いてください。

失敗を防ぐコツ

育苗のポイントは発芽をしっかりさせるために保温することです。この保温をおこたると発芽ができないので気をつけてください。

水やりの頻度とタイミング

夜、水分が多いと徒長の原因になりかねないため、水やりのタイミングは朝がベストです。かぼちゃは乾燥に強い植物です。表面が乾いたら水をあげるようにしてください。

適正温度と保温の必要性

かぼちゃには発芽に必要な要求積算温度があります。しっかり発芽させるためにも保温は必須です。

もちろん直まき、ポットまきともに保温が必要です。直まきの場合は、ホットキャップで保温してください。ポット巻も25℃から30℃前後になるよう保温、管理してください。

【定植または直まきまで】かぼちゃの栽培方法

土の作り方

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

emi_

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう