寒い日に♪「ホットビール」の作り方とアレンジアイデア

寒い日にぴったりなおいしい飲み物「ホットビール」。日本ではあまり馴染みがないですが、世界ではホットワインと同じく一般的なビールの飲み方です。これが意外なおいしさで驚く人が続出!ここでは魅力的なホットビールの作り方をご紹介します♪

ホットビールのおいしさに驚く人続出!

ホットビールとは

ホットビールとは、グラスからじんわりと温かみが伝わってくるくらいの温度に温めたビールのこと。冷えたビールとはまた違ったコクや風味、味わいを引き出すことができる飲み方です。ホットな炭酸の刺激も不思議な感覚♪

はちみつやスパイス、フルーツなどを加えてアレンジすることも。それによって、苦味が苦手な人でも飲みやすくなります。また、ホットにするとアルコールは一部揮発しますが、しっかりとアルコール分を感じられるのも特徴です。

どこの国で飲まれてる?

ホットビール」は、ドイツやベルギーなどで古くから親しまれている飲み方です。

ドイツでは、クリスマスマーケットのなどの時、屋外で飲まれるのが一般的。寒さが厳しいヨーロッパの地域でホットワインが重宝されてきたように、寒い季節の定番の飲み物のひとつがホットビールなのです。また、身体をしっかりと温めてくれるので、風邪をひいた時にもよく飲まれているのだとか。

レンジでも鍋でも◎ ホットビールの作り方

レンジでの作り方

ホットビールの基本的な作り方は簡単!使用するビールを耐熱グラスやマグカップに注いで、泡が落ち着いたらレンジの中へ。一般的なビール缶の容量である350lmなら、500Wのレンジで約1分ほど加熱したらできあがりです。

気をつけるのは2点。耐熱のグラスに入れて温めること、そして温めすぎないことです。手に持ってみて、じんわりと熱が伝わって来るくらいがベストな温度となっています。

鍋での作り方

ホットビールは、鍋でも作ることができます。ビールをあまり泡立てないように小さな鍋に入れて弱火から中火くらいで加熱していきます。加熱の目安は、常温のビール300mlほどなら約5分くらい。温まったらマグカップや耐熱グラスに注いでできあがりです。

おいしく作るポイントは、鍋のふちが少し泡立ってきたくらいで火をとめること。沸かしすぎないのがコツです。

ホットビール向きのビール

黒ビール

ホットビールを作るには、濃い風味を持つビールが適しています。とくに黒ビールをホットにするとコクがでて◎。本場のドイツやベルギー産の黒ビールなら、おいしいホットビールが飲めるでしょう。もちろん外国産のビールだけでなく、日本の黒ビールでもホットでおいしく飲むことができます。

日本のビール

日本のビールをホットビールにするにあたって、注意しなければならないのはビールの種類です。普通のビールでもラガー系(下面発酵のビール)ではなくエール系(上面発酵)を選ぶようにしましょう。

発泡酒はホットビールに適しません。やはり、黒ビールや白ビールがホット向きのビールだということができるでしょう。

ホットビールにちょい足しでもっとおいしく♪

シナモン

お菓子作りの定番のスパイス・シナモンは、ホットビールとの相性がばつぐん!シナモンを加えると、エキゾチックで甘い香りの仕上がりになります。ビールの持っている風味や味わいも引き立ててくれますよ♪ スティックやパウダー状のものが市販されているのでお手軽です。

はちみつ

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

y_nakagawa

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう