グレナデンシロップの人気おすすめ5選!使い方やいち押しカクテルも

ザクロの果汁から作られるグレナデンシロップ。ノンアルコールのグレナデンシロップはカクテルの色みや甘み、香り付けとして重宝されています。真っ赤な色合いが美しいですね!氷のシロップやお菓子作りにも使えるのでおすすめ!ぜひ一度試してみましょう。

ノンアルコールのグレナデンシロップを活用しよう♪

グレナデンシロップとは?

まるで宝石のようにキラキラとした小さな粒が詰まった果物、ザクロ。グレナデンシロップとは、そのザクロの果汁と砂糖で作ったシロップです。フランス語でザクロのことをグレナデンということが、その名の由来。シロップの色鮮やかな色はザクロの赤から来ています。

グレナデンシロップにはアルコールは含まれておらず、カクテルでは色みや甘み、香り付けとして使用されます。日本やフランス語圏ではザクロのシロップと考えられているグレナデンシロップですが、英語圏では複数のベリーを混ぜたシロップのことを指すそうです。

果汁ゼロのものも

最近ではたくさんの種類のグレナデンシロップが販売されていますが、中にはザクロの果汁が入っていないものもあります。

それらはブドウ糖液に、香料や着色料などを加えて作られています。キイチゴ、カシスやエルダーフラワーなどの果汁で作られているものも。その分値段もお手頃なので、お財布と相談してどちらにするか決めるといいかもしれません。

グレナデンシロップの代用

なかなか手に入りにくいグレナデンシロップ。他のもので代用したいと考えている人も多いのではないでしょうか?グレナデンシロップはその使用目的によって代用できるものも変わります。

例えば、グレナデンシロップをザクロの風味付けとして使用する場合、ザクロジュースやザクロリキュールで代用可。甘みをつけるために使用する場合は、ガムシロップや砂糖で代用可。色付けの場合はイチゴシロップなどで代用できるので、覚えておくと便利かもしれません。

グレナデンシロップ活用!ノンアルコールカクテル4選

1. シャーリー・テンプル

アメリカのハリウッド女優の名前が由来であるノンアルコールカクテル、シャーリーテンプル。ノンアルコールなので、お酒が苦手な人やお子さんでも楽しむことができるカクテルです。

作り方はとっても簡単!まず用意したグラスいっぱいに氷を入れ、甘口のジンジャエールを注ぎます。次にグレナデンシロップを適量注ぎ、最後にレモン汁やレモンスライスを少量加えれば完成です。

グレナデンシロップがジンジャエールをまろやかにしており、甘くさっぱりとした味わいが特徴。ぜひ一度試してみてくださいね!

2. フルーツ・パンチ

いろんなフルーツの香りを一度に楽しめるカクテルといえば、フルーツ・パンチ。オレンジジュース、パイナップルジュース、レモンジュース、グレナデンシロップ、氷をステア!

ステアとはカクテルを作る手法のひとつで、容器に材料を入れ軽くかき混ぜることを指します。

最後に好きなフルーツを飾れば出来上がり。見た目にもかわいらしく、おもてなしにもおすすめです。

3. プッシー・キャット

プッシー・キャットの材料はオレンジジュース、パイナップルジュース、グレープフルーツジュース、氷、グレナデンシロップ!

大きめの容器にこれらの材料を入れ、マドラーやスプーンでしっかり混ぜてグラスに注ぎます。飾りにオレンジスライスを添えてもおしゃれですね!オレンジやパイナップルの甘みとグレープフルーツの酸味が絶妙なハーモニーを生み出します。

トロピカルな香りのする爽やかな味わいは夏にこそぴったりです。

4. サマー・デライト

pinit

pinterest like count 208

最初にライムジュース、グレナデンシロップ、シュガーシロップをシェークします。それを氷が入ったグラスに注ぎ、冷やしたソーダを加えステア。

甘みを加えたライムジュースとソーダーを合わせることによって、さっぱりと飲みやすく仕上がります。「夏の喜び」という意味を持つサマー・デライトという名前にぴったり。

これからの季節におすすめしたいノンアルコールカクテルです。

グレナデンシロップで作るカクテル

特集

SPECIAL CONTENTS