「油揚げ×○○」の絶品煮物レシピ10選!常備菜にもぴったり

しっとりとジューシーな味わいの「油揚げ」。そのままカラッと焼くのもいいですが、香りがいいお出汁が染み込んだ油揚げは和食の定番メニュー。今回は一年中楽しむことができる、油揚げの煮物レシピをご紹介します。どうぞ毎日の献立にお役立てくださいね♪

2018年11月28日 更新

油揚げの下ごしらえってなに?

和風料理に欠かせない食材「油揚げ」。油揚げには下ごしらえが必要だといいますが、そもそもなぜ必要なのかご存知ですか?

油揚げは豆腐の水分を切り、油でカラッと揚げて作ります。フライパンでカリッと焼いた油揚げは、ジューシーでおいしいですよね。もちろんそのまま食べてもおいしいのですが、煮物にするときは油を抜くのがおすすめ!

油抜きをするメリットは2つあります。1つめは、油が抜ける分カロリーがカットされること。2つめは油を抜くことで、油揚げにお出汁が染み込みやすくなることです。沸騰したお湯をかけるか、沸騰した鍋に油揚げを入れることで、料理が上品に仕上がりますよ♪

油揚げの絶品煮物レシピ10選

1. ホッとする味わい「小松菜と油揚げの煮物」

煮物の定番料理、小松菜と油揚げの煮物はホッとする家庭料理のひとつですね。じゅわっと染み込んだ油揚げの旨みと、シャキシャキとした小松菜がいい食感。小松菜がないときは、ホウレン草やチンゲン菜などの青菜で代用してくださいね。親から子へ、子から孫へ受け継いでいきたいような、昔ながらの煮物です。

2. 甘くてジューシー「新玉ねぎと油揚げの煮物」

フレッシュでみずみずしい新玉ねぎと油揚げを合わせた、甘くてジューシーな煮物です。新玉ねぎは2月ごろから出回る旬の野菜。とても柔らかいので、火を通すほどにホロッととろけるような味わいになります。スーパーで新玉ねぎを見つけたら、ぜひその時期にしか味わうことができない旬の味わいをお楽しみくださいね。

3. 常備菜にぴったり「切り干し大根と油揚げの煮物」

買い置き食材のひとつでもある切り干し大根を使った、常備菜にもなる便利な煮物です。「どうしよう、あとひと品足りない!」というときでも、家にあるものでなんとか作ることができる救世主的なお惣菜でもあります。カレー粉や唐辛子などの調味料を追加するなどして、さまざまなアレンジをお楽しみください◎。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

cucunyaroti

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう