ライター : SATTO

おいしい食べ物とお酒が大好きな、東北出身、東京在住の主婦です。

使い切れないことが多い油揚げ

味噌汁や煮びたしなど、さまざまな料理に使うことができて便利な油揚げですが、冷蔵の状態だと3日と持たない、賞味期限が非常に短い食品です。 多いものだと1パックに5~6枚入っていることもあり、ひとり暮らしの方や家族が少ない家庭では、どうしても余ってしまいますよね。 そんなときは、冷凍保存しておくことをおすすめします。冷凍してしまうと油揚げの食感が悪くなってしまうのでは?と思う方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。正しい冷凍保存の方法とコツを覚えて、油揚げをムダなく使いましょう。

油揚げの冷凍保存の仕方

用意するもの

・油揚げ ・保存用袋 ・熱湯(長期保存の場合のみ) ・キッチンペーパー(長期保存の場合のみ)

短期間保存の場合

1. 油揚げを使いやすい大きさに切る。 2. 調理時に使う1回分ごとにラップで包み、できるだけ平らにしておく。※平らにすることによって急速冷凍が可能になります。 3. 保存袋に入れ、空気を抜いた状態で密閉し、日付を書いて冷凍庫で保存する。

長期間保存の場合

1. 熱湯をかけて油揚げの油抜きをする。

2. あら熱が取れたら、キッチンペーパーで押さえてしっかりと水分を抜く。

3. 使いやすい大きさにカットし、あとは短期間保存の場合と同様の手順で保存する。

油揚げを冷凍するときの注意点

ひと手間加えるだけで保存期間が長くなり、急遽もうひと品何か作りたいというときにも役立つ冷凍油揚げ。ですが、解凍後もおいしさをキープしたままいただけるようにするにはいくつか注意点があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ