ライター : satto

グルメライター

おいしい食べ物とお酒が大好きな、東北出身のグルメライター。みなさんに、たくさんの素敵な情報をお届けします♪

使い切れないことが多い油揚げ

みそ汁や煮びたしなど、さまざまな料理に使うことができて便利な油揚げ。しかし、冷蔵保存だと3日と持たない、賞味期限が非常に短い食品です。

多いものだとひとパックに5~6枚入っていることもあり、ひとり暮らしの方や家族が少ない家庭では、余ってしまいがち……。

そんなときは、冷凍保存しておくことをおすすめします。冷凍してしまうと油揚げの食感が悪くなってしまうのでは?と思う方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。正しい冷凍保存の方法とコツを覚えて、油揚げをムダなく使いましょう。

冷凍保存のメリット

長期保存が可能

油揚げは、冷凍保存することで冷蔵保存をした場合よりも日持ちします。使い切れずにいつの間にか賞味期限を過ぎてしまい、処分しなければならない……といった心配がなくなるのはうれしいですよね。冷凍する前に適度な大きさにカットしておくと、調理の際にすぐ使えます。

おいしさが長持ちする

油揚げを正しい方法で冷凍保存をすると、食感や風味を保存前に近い状態で楽しめるのもメリットのひとつ。冷蔵庫保存をした場合、賞味期限内であってもにおいが変わってきたり、使いかけだとパサパサしてきたりすることもありますよね。ふっくらとした食感とやさしい味わいを損なわないためにも、油揚げは冷凍保存が最適なのです。

油揚げの冷凍保存の仕方

用意するもの

・油揚げ ・保存用袋 ・熱湯(長期保存の場合のみ) ・キッチンペーパー(長期保存の場合のみ)

短期間保存の場合

1. 油揚げを使いやすい大きさに切ります。

2. 調理時に使う1回分ごとにラップで包み、できるだけ平らにしておきます。※平らにすることによって急速冷凍が可能になります。

3. 保存袋に入れ、空気を抜いた状態で密閉し、日付を書いて冷凍庫で保存します。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ