長期間保存の場合

1. 熱湯をかけて油揚げの油抜きをします。

2. あら熱が取れたら、キッチンペーパーで押さえてしっかりと水分を抜きます。

3. 使いやすい大きさにカットします。

4. 調理時に使う1回分ごとにラップで包み、できるだけたいらにしておきます。※たいらにすることによって急速冷凍が可能になります。

5. 保存袋に入れ、空気を抜いた状態で密閉し、日付を書いて冷凍庫で保存します。

油揚げを冷凍するときの注意点

ひと手間加えるだけで保存期間が長くなり、急遽もうひと品何か作りたいというときにも役立つ冷凍油揚げ。しかし、解凍後もおいしさをキープしたままいただくためには、保存をする際いくつか注意点があります。

しっかりと水分を抜く

冷凍しても味や食感が損なわれにくい油揚げですが、油抜きをした際に水分が残っていると劣化してしまいます。解凍した際に、元のような風味が感じられなくなってしまうのはもったいないですよね。

よりおいしく、そして長く油揚げをいただくためにも、油抜き後はキッチンペーパーでしっかりと水気を切ってから冷凍しましょう。ひと手間かけるだけで、油揚げをおいしく保てますよ。

ニオイが気になる場合は油抜きをする

油揚げはとても繊細な食品なので、開封してまだ時間が経っていなくてもなんだか油臭く感じることがあります。その状態のまま、残っている油揚げを冷凍してしまうと、酸化が進み始めた油揚げを冷凍してしまうことに。せっかくの油揚げの風味が損なわれてしまうのは残念ですよね。

ニオイが気になる場合は、必ず油抜きしてから冷凍しましょう。もちろん、しっかりと水分を抜くことも忘れないでくださいね。

より調理の時間を短くしたい場合は下味をつけておく

冷凍油揚げは、保存期間が長くなることが魅力的。しかし、炒め物や煮物などに使用する場合は、やはりどれだけ味が染み込むのかが気になりますよね。そんなときは、あらかじめ下味をつけておくのがおすすめです。

レシピの幅も広がり、常備菜のような役割も果たしてくれますよ。忙しい方や普段まとめ作りをしている人は、ぜひ試してみてください。

油揚げの解凍の仕方

冷凍保存しても味が落ちず、あらかじめ下味をつけておくことで調理時間も短縮できる便利な油揚げ。しかし、解凍方法を間違えてしまうとせっかくの油揚げがおいしくいただけなくなってしまいます。解凍する際のポイントを押さえて、よりおいしさを楽しみましょう。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ