ライター : kinako

料理やお菓子を作ること、食べることが大好きです。作り方のコツやポイントとともに、さらにおいしく味わえるよう、素材や料理の背景にもさり気なく触れられれば、と思っています。

栃尾揚げとは?

栃尾揚げ(とちおあげ)は、ふっくら厚みがある大きな油揚げです。その大きさの平均は、長さ20×幅8×厚さ3cm!ボリューミーで食べごたえ抜群です。

一般的な油揚げより厚めの生地を、低温と高温、両方の油で揚げていきます。油からあげる際、長い金串に何枚も刺して油切りをおこなうことも特徴のひとつです。起源には諸説ありますが、江戸時代から食べられていることがわかっています。

栃尾揚げの産地

栃尾揚げの産地は、上杉謙信が青年期を過ごしたといわれる新潟県長岡市栃尾。栃尾にはなんと16店もの栃尾揚げのお店があるんですよ(令和元年10月時点)。お店では、栃尾でしか食べられない「揚げたての栃尾揚げ」が食べられます♪

おつまみに!栃尾揚げの焼き物レシピ9選

1. 日本酒に合わせたい。薬味たっぷり栃尾揚げ

カリカリの栃尾揚げに、小ねぎとかつおぶし、糸唐辛子をたっぷりトッピング。日本酒に合わせたいおつまみです。大葉を敷いた皿に盛りつけると、さらに風味がアップします。薬味がたっぷりなのでそのままでもおいしく味わえますが、しょうゆや出汁しょうゆをかける方法もおすすめですよ。

2. お酒がすすむ。栃尾揚げのねぎみそだれ添え

栃尾揚げにねぎみそだれをつけて味わうレシピです。ねぎはごま油で揚げ焼きにするため風味抜群。味つけに使うみそ・砂糖・しょうがのバランスが絶妙です。ピリ辛味が好きな方は、ちょっぴり豆板醤を入れましょう。こんがり焼いた栃尾揚げにのせて召し上がれ!

3. 食感が楽しい。焼き栃尾揚げの紅しょうがのせ

紅しょうがの酸味とごま油の組み合わせは、一度食べたらやみつきになりそう。定番入り決定間違いなしの、簡単おいしいおつまみです。栃尾揚げはトースターでチンするだけ。焼いている間にトッピングの用意すれば、手際よく調理できますよ。彩りのよさも魅力です。

4. 食べごたえ抜群。栃尾揚げの納豆チーズ焼き

栃尾揚げに納豆とチーズをトッピングすると、ビールによく合うおつまみのできあがり。具だくさんで食べごたえ抜群のひと品です。納豆にみそを入れるため、深みとコクを楽しめます。ひとつひとつの工程をしっかり押さえることが、おいしく仕上げるコツですよ。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ