ライター : Ricca_ricca

湘南でのんびり生活を満喫中♪空いた時間には近くのパン屋さんやカフェを巡ったり、おいしそうなレシピを探して作るのが趣味です☆現在は薬膳を勉強しながら子育て奮闘中です。

キハダマグロとは?

キハダマグロは、背ビレや尾ビレが黄色ためその名が付けられました。マグロというと、一般的に赤身の魚を思い浮かべますが、キハダマグロは薄いピンク色で脂肪分が少なく、あっさりとしているのが特徴です。あっさりしているためお寿司には不向きと言われていますが、最近ではお寿司やお刺身で人気です。 初夏や初冬に旬を迎え、この時期のマグロは脂がのって一段とおいしくなります。太平洋、インド洋、大西洋などの熱帯から温帯の海に主に生息しています。

キハダマグロとマグロの違い

Photo by Snapmart

マグロは種類が豊富で味や形も異なります。流通量が多く一般的に食べられているのが「メバチマグロ」です。あっさりとしていながら濃厚な味が人気。お寿司屋さんでもネタとして使われることが多く、関東圏では一番よく食べられています。 一方、関西圏では「キハダマグロ」が人気のようです。ほかにも、身が柔らかく脂分が比較的多い「ビンナガマグロ(ビンチョウ)」や、高級マグロとして知られている「本マグロ」などがあります。

キハダマグロを使ったおすすめレシピ10選

1. キハダマグロで自家製ツナ

ハーブと共に蒸したカジキマグロをたっぷりのオリーブオイルに漬けて作るツナのレシピです。カジキマグロは、蒸すのがおすすめだそう。オリーブオイルを加熱しないので、香りも豊かに仕上がります。自家製ツナはおつまみとして、サンドイッチやパスタの具材としてオイルごと使えるので便利です。

2. 漬けアボカドマグロのカナッペ

キハダマグロとアボカドをさいの目型にきり、調味料を加え冷蔵庫で寝かしておきます。あとはガーリックマーガリンを塗ったバゲットにのせるだけ♪ マグロがバゲットの熱で温まってしまうので、食べる直前にマグロをのせるのがおすすめです。

3. 常備菜にまぐろの角煮

食べやすい大きさに切ったマグロを、生姜、酒、砂糖、醤油で煮付ければできあがり。甘めの味付けがホッとするひと品です。濃い目に味付けをしているので、ご飯にもよく合いますしお弁当のおかずにもおすすめ。日持ちもするので常備菜としてまとめて作り置きするのもいいですね。

4. マグロカツのタルタルソース添え

お刺身など生でいただくことの多いキハダマグロ。こちらのレシピはバッター液にくぐらせて油で揚げた食べごたえ満足レシピです。ソースでいただいてももちろんおいしいですが、タルタルソースと一緒に食べて、ひと味違うおいしさでめしあがれ♪
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS