漬けからピリ辛おかずまで♪「びんちょうまぐろ」を楽しむレシピ15選

コストパフォーマンスが魅力の「びんちょうまぐろ」ですが、いつもお刺身ばかりではマンネリ化してしまいますよね。今回はそんなびんちょうまぐろを、漬ける・揚げる・焼く、さらにマリネ、カルパッチョと存分に楽しめるレシピ15選をご紹介します。

2018年10月23日 更新

コスパ最高!びんちょうまぐろレシピ15選

日本人がこよなく愛する「まぐろ」、ルビーのように美しい赤身はお刺身の代表です。でもお値段が高くて、日々の献立に取り入れるのはちょっと……。

そこで今回は、コスパの良さで親しまれている「びんちょうまぐろ」のレシピ15選をご紹介します。優しいピンク色と淡白な味わいが特長のびんちょうまぐろは、調理次第で様々な楽しみ方ができますよ。ぜひ、お気に入りを見つけてくださいね。

まぐろとびんちょうまぐろの違いは?

他のまぐろとお値段に差がある「びんちょうまぐろ」ですが、れっきとしたマグロの一種。淡白でクセがなく鶏のささみのように柔らかな肉質は、ツナ缶にも加工されるヘルシー食材。世界中で人気の魚なのです。

また脂の多い時期には「トロ」のような味がすることから、回転寿司では「ビントロ」とも呼ばれています。

間違いない!びんちょうまぐろの漬けレシピ3選

1. びんちょうまぐろのコク旨漬け丼

カットしたびんちょうまぐろを、醤油・にんにく・生姜・ごま油の合わせダレに付け込んだ、コクのあるひと品です。切る・漬ける・ご飯ののせるだけで完成の絶品丼は、忙しい日に重宝しそうですね。

漬けてから数十分で食べれますが、半日以上おくとしっかり味が染み込んで、さらにおいしくなりますよ。

2. ネバトロびんちょう漬け丼

こちらは、醤油・砂糖の甘辛タレに漬け込んだ、びんちょうまぐろの和風漬け丼。わかめと一緒に盛りつければ、彩りと食感がよくなりますよ。

タレに漬け込むことで、びんちょうまぐろがトロリとした密度の濃い食感に。びんちょうまぐろ独特のソフト食感が苦手、という方もお気に入りになること間違いなしです。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

suncatch

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう