ライター : ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも大好きです。母になっても好奇心を大切にしていきたいと常々思っています。みんながハッピーになれるグルメ情報が…もっとみる

冷凍マグロを上手に解凍しよう!

日持ちしない魚介類は、冷凍のものを買っておくと長期保存できるので何かと便利ですよね。とくに、高値がつきがちな「冷凍マグロ」がリーズナブルに販売されていると、つい購入してしまいます。 そんな冷凍マグロをいざ食べるとき、解凍方法がわからない……という経験をしたことはありませんか?冷凍マグロは上手に解凍しなければうまみも新鮮みも減ってしまいます。 マグロの新鮮さをそのまま残して解凍するためには「温塩水」を使うことがポイントになります。この記事では、冷凍マグロをどのように解凍をすればおいしく食べることができるのか、詳しく紹介しましょう。冷凍マグロを使ったレシピも紹介するので、ぜひチェックしてくださいね。

マグロは温塩水でおいしく解凍すべし

冷凍マグロをおいしく解凍するためには「温塩水」が必要です。温塩水とはそもそも何なのかを紹介するとともに、具体的な解凍方法についても紹介していきましょう。

温塩水とは?

温塩水とは37℃程度のぬるま湯に、海水と同じ塩分濃度(3.3%〜3.7%)になるように塩を加えたものです。温塩水を活用した解凍方法は、料理の世界では魚はもちろん、肉の解凍にも使われています。 この方法で解凍を行えば、マグロのうまみを逃さず、鮮度を保ったまま短時間で解凍することができます。解凍後は、半日から1日程度寝かせる必要があるため手間がかかりますが、その分とってもおいしく仕上がるのでぜひ試していただきたい解凍方法です。

温塩水でおいしく解凍

冷凍マグロは水でさっと洗い流した後に、温塩水につけます。2分ほどつけたらすぐに取り出し、再び水で洗い流しましょう。この時、洗いすぎるとマグロのうまみ成分が逃げてしまうので、軽く流す程度で抑えてください。これらの工程を終えたら、マグロの表面に残った水分をキッチンペーパーで優しくふきとりましょう。 水分を拭き取った冷凍マグロをキッチンペーパーでしっかりと包み、上からラップをかけ冷蔵庫で寝かせます。ここで半日から1日ほどよく寝かせることがポイント。1日以上寝かせてしまうとマグロの見た目が悪くなり、黒っぽく変色してしまうので注意してくださいね。

チヂレが出ないように注意!

マグロのチヂレとは、身が固くボソボソとしている状態のことを指します。このチヂレを防ぐためには、上記で紹介した通り、キッチンペーパーとラップで包みしっかりと冷蔵庫で寝かせることがポイント。 1〜2時間である程度の解凍は完了するので、ついつい食べたくなってしまいますが、じっくりと半日~1日寝かすことがおいしく解凍するコツとなっているのです。

部位別おいしく解凍する方法

マグロには大きく分けて、大トロ、中トロ、赤身があり、それぞれ適した解凍方法あります。

特集

FEATURE CONTENTS