鮮度長持ち!冷凍マグロのおいしい解凍方法とおすすめレシピ

冷凍マグロは解凍方法によってうまみが変わることをご存じでしょうか?そんな冷凍マグロをおいしく食べるためには「温塩水」がポイントとなっています。今回は、解凍のコツや冷凍マグロを使ったおすすめレシピを紹介しましょう!

2018年10月10日 更新

チヂレが出ないように注意!

マグロのチヂレとは、身が固くボソボソとしている状態のことを指します。このチヂレを防ぐためには、上記で紹介した通り、キッチンペーパーとラップで包みしっかりと冷蔵庫で寝かせることがポイント。

1〜2時間である程度の解凍は完了するので、ついつい食べたくなってしまいますが、じっくりと半日~1日寝かすことがおいしく解凍するコツとなっているのです。

部位別おいしく解凍する方法

マグロには大きく分けて、大トロ、中トロ、赤身があり、それぞれ適した解凍方法あります。

大トロ

大トロは他の部位に比べて酸化しやすいため、温塩水を使って解凍するのがベスト。その他の方法で解凍すると、大トロのせっかくの脂が酸化してしまいます。大トロは完全に解凍してしまうと切りにくくなるため、半解凍で切るのがおすすめです。3時間から半日程度で食べるよう逆算して解凍処理をするのがコツですよ。

中とろ

中トロの解凍にも温塩水を使用します。大トロに比べて脂は少ないですが、半解凍の状態で切るのが望ましいですね。中トロは見た目の変色を防ぐためにも、塩分濃度には細心の注意を払ってください。塩分濃度3%をしっかりと守ることで、おいしく解凍することができるのです。
2 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう