「漬けマグロ」の作り方と活用レシピ14選!安いマグロも絶品に♪

漬けマグロの作り方と活用レシピを、主食、おかず、サラダ、おつまみに分けて14点ご紹介します。買いすぎて余ってしまったマグロはヅケにすることで、保存期間が伸びるだけでなく、味がグッと良くなるんですよ♪どんどん漬けて楽しみましょう!

2018年10月24日 更新

ライター : kie_0330

京都に生まれ、大阪で育ち、今は神奈川在住です。お出かけ、食べること、旅行、料理、手作りが好きです。2歳の女の子のママです。ママ目線の記事をUPします。

余ったマグロは漬けが正解!

私たち日本人が大好きなマグロ。手巻きずしにしたり、丼にしたり、家族が集まる休日には欲しくなる食材ですよね。スーパーで安売りをしていると、ついつい買いすぎてしまうことはありませんか? そんな残ってしまったマグロは「ヅケ」にすることをおすすめします!スーパーや魚屋さんで売っている、内臓部分を取り除いたサクの保存期間が冷蔵で通常2〜3日なのに対して、ヅケにすることで、1〜2日程度長くなりますよ。

漬けマグロの作り方

材料

マグロ 300g しょうゆ 大さじ2 料理酒 大さじ2 みりん 大さじ2

下準備

マグロを沸騰湯に通して、湯霜にします。表面の色が変わったら、すぐ冷水にとり熱が内部まで通らないようにします。そうすることで、マグロの表面に膜ができ、調味料の浸透を抑えてくれるんです。

作り方

1. 鍋に料理酒とみりんを入れ混ぜ、火にかけアルコールを飛ばしたら、冷まします。 2. そこにしょうゆを入れ、容器に移し冷蔵庫で冷やしておきます。 3. マグロは食べやすい大きさに切っておき、冷蔵庫に入れておきます。 4. マグロをタレに漬け込みます。表面にしょうゆの色がついたあたりが食べどきです。

保存方法

漬けマグロは、ラップやジップロックに入れて空気が触れないようにし、冷蔵庫へ入れて保存しましょう。より長く保存したい場合は、冷凍庫へ。解凍は、冷蔵庫内で自然解凍してくださいね。

特集

FEATURE CONTENTS