ライター : cucunyaroti

「素材のよさを生かす」をモットーに野菜作りと育児に奮闘中の主婦です。こどもに毎日「おいしい!おかわり!」と言ってもらえる料理を作れるよう心がけています。

安全でおいしい干し肉の作り方をマスターしよう!

「干し肉」とは、生肉を乾燥させた保存食。南国ハワイでは「ピピカウラ」と呼ばれているんですよ。モンゴルでは「ボルチャ」と呼ばれており、1000年以上昔から作られています。

日本でも岡山県の北部、津山市では伝統食品として親しまれているそうです。津山市のお土産としても注目されています。干し肉には肉の旨みがギュッと凝縮されているため、おつまみにぴったり!手作りが好きな方や、おいしいおつまみをお探しの方は、ぜひ作り方をマスターしてみてくださいね♪

干し肉にはどんなお肉が向いてる?

干し肉はどんなお肉でも作ることができます。ハワイのピピカウラは、牛肉がメイン。モンゴルでは牛肉だけでなく、鶏肉や羊肉も使われているそうです。

ただし肉の脂身は、干してもあまりおいしくないとのこと。はじめて作る方は、脂身の少ない豚のモモ肉や、赤身の牛肉をチョイスしてみましょう。

干し肉を安全においしく作るコツ

干し肉は、乾燥させて作る食べ物。そのためジメジメとした湿度の高い梅雨時期は、作るのを止めておいたほうがいいでしょう。

なるべく寒い時期、日本で作るならば秋頃から冬にかけて作るのがおすすめです。また、直射日光には当てないようにしましょう。家の軒下や納屋など、風通しがいい場所を選んで干し場を作ることが、おいしくて安全な干し肉を作るポイントです。

じっくり乾燥。基本の干し肉の作り方

お仕事の日に干し肉を仕込んでおけば、休日に干し肉をじっくりと味わうことができますよ!作り方はシンプルです。

1. 肉を調味液に漬ける

塩と醤油などの調味料で作った調味液に、肉を1時間ほど漬けましょう。調味液には、塩は必須です!お好みのハーブを入れて爽やかな香りをつけるなど、アレンジを楽しみましょう。

2. 肉を乾燥させる

まずは干し網や洗濯ネットなど、風が通るような干し場を作りましょう。100均やホームセンターなどで購入できます。次にキッチンペーパーで水分を切った肉を、重ならないように丁寧に並べていきます。 室内で干すときは、除湿器や扇風機を当てるがおすすめです♪
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS