ライター : megyu

食生活アドバイザー

海外の料理に興味があり、おしゃれでおいしいレシピを探すのが大好き。家族に喜んでもらえる新しいレシピを日々勉強中です。

バーベキュー用のお肉の量は?

バーベキューをするときに、お肉をどのくらい用意していったらいいか迷いますよね?人それぞれ食べる量も違いますが、基本的な目安を知っておくと便利です。 一般的に男性はひとり当たり約300g程度を目安として、10から20代のたくさん食べる人なら400g程度を用意するのがおすすめです。 女性はひとり当たり約200g程度で、子供は中学生なら200から300g程度、小学生なら100から200g程度が適量とされています。幼児など小さな子どもがいる場合には、ウィンナーなど食べやすい種類のものをプラスするのもおすすめです。

バーベキューにおすすめのお肉の部位

牛肉

牛肉の中でバーベキューにおすすめの部位は、サーロイン、リブロース、肩ロースなどです。 サーロインは背中部分で、やわらかく繊維が一方向なので切りやすいため、初心者にもおすすめ!リブロースはサーロインと肩の間の部位で厚みもあるため、食べ応えのあるお肉です。中でも牛肉の味が濃く、風味も強い部位は肩ロース。薄切りにすれば焼くのも簡単です。

豚肉

バーベキューといえば、スペアリブも欠かせません。骨付きのバラ肉で脂身と赤身のバランスが良く、ボリュームもたっぷり!食べ応え十分なお肉です。 また、肩ロースも厚みがあり、見栄えも◎カットして、串焼きにするとよりバーベキュー感を満喫できます。 「もっと簡単に調理をしたい」という初心者の人には豚バラ肉がおすすめ!薄切りで焼きやすく、肉巻きおにぎりを作ることもできます。

鶏肉

鶏肉といえば、脂身の多いもも肉が人気です。パサつきにくいため初心者の人でもおいしく調理できるのが魅力。 また、骨付きの手羽先や手羽元もバーベキューにぴったりです!旨みたっぷり、塩こしょうでシンプルに焼いてもおいしいお肉ですが、家であらかじめ味付けをして漬けこんでいくのもおすすめです。

通販で買えるおすすめお肉セット3選

1. 「飛騨牛&国産豚肉入バーベキューセット」

ITEM

【肉のひぐち】飛騨牛&国産豚肉入バーベキューセット1kg 4~5人分 冷凍

内容量:1kg

¥5,378 ※2018年05月08日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

こちらの商品は飛騨牛カルビ、飛騨牛ももかた肉、国産豚ロース肉、国産豚ばら肉の4種類のお肉が入ったセット。「全国和牛能力共進会」で受賞したブランド牛を味わうことができます。内容量は1kgで4から5人で食べるのにちょうどいい量です。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS