ライター : 白井シェル

フリーライター

お家で過ごすことが大好きなフリーライターです。料理やインテリア、生活雑貨など暮らしに関するジャンルが得意です。

バーベキュー用のお肉の量は?

バーベキューをするときに、お肉をどのくらい用意するのか、迷うことは多いのではないでしょうか。人それぞれ食べる量は違いますが、基本的な目安を知っておくと便利ですよ。

一般的に男性はひとり当たり約300g程度を目安として、10~20代のたくさん食べる人なら400g程度を用意するのがおすすめです。

女性はひとり当たり約200g程度で、子供は中学生なら200~300g程度、小学生なら100~200g程度が適量とされています。小さな子供がいる場合には、ウィンナーといった食べやすいものをプラスするとよいでしょう。

バーベキューにおすすめのお肉の部位

牛肉

牛肉の中でバーベキューにおすすめの部位は、サーロイン、リブロース、肩ロースなどです。

サーロインは背中部分で、やわらかく繊維が一方向なので切りやすいため、初心者にも向いています。

リブロースはサーロインと肩の間の部位で厚みもあるため、食べ応えのあるお肉です。

肩ロースは牛肉の味が濃く、風味も強い部位。薄切りにすれば焼くのも簡単です。

豚肉

バーベキューといえば、スペアリブも欠かせません。骨付きのバラ肉で脂身と赤身のバランスがよく、ボリュームもたっぷり。食べ応え十分なお肉です。

また、肩ロースも厚切りにすると、見栄えも食べ応えもばっちりです。カットして、串焼きにするとよりバーベキュー感を満喫できますよ。

「もっと簡単に調理をしたい」という初心者の人には豚バラ肉がおすすめ。薄切りにすると火が通りやすく、すぐに食べられます。アレンジレシピとして肉巻きおにぎりを作ってみても楽しいですね。

鶏肉

鶏肉では、脂身の多いもも肉が人気です。パサつきにくいため、初心者の人でもおいしく調理できるのが魅力。

また、骨付きの手羽先や手羽元もバーベキューにぴったりです。旨味がたっぷりなので、塩こしょうでシンプルに焼いてもおいしい部位ですが、家であらかじめ漬け込んでおくのもよいですね。

通販で買えるおすすめお肉セット5選

1. 肉のひぐち「飛騨牛&国産豚肉入バーベキューセット」

ITEM

肉のひぐち 飛騨牛&国産豚肉入バーベキューセット1kg 4~5人分 冷凍

¥5,480

商品内容:飛騨牛カルビ200g、飛騨牛もも・かた200g、国産豚バラ300g、国産豚ロース300g

※2021年6月26日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ