現地フランスからお届け!「ファーブルトン」のおいしい基本レシピ

「フランス菓子を手作り」というと、なんだかハードルが高そうに聴こえますが、このファーブルトンなら大丈夫!泡立て器もバターも不要!しかもモチモチでおいしいお菓子を簡単に作れちゃいます♪フランス在住の筆者が現地のレシピをご紹介します。

2018年11月2日 更新

フランスの伝統郷土菓子「ファーブルトン」を手作りしてみよう♪

ファーブルトンとは

フランスの北西端。イギリスと面したブルターニュ地方に伝わる古くからの田舎菓子「ファーブルトン」。「ファー」は「牛乳で煮たお粥」。「ブルトン」は「ブルターニュ風」の意味。つまり「ブルターニュ風ミルク粥」? 

でもじっくりと焼き上げてあるのでしっかりもっちり、お粥ではなく完全にお菓子。

材料は小麦粉、砂糖、牛乳、卵、それに乾燥プルーン。ブルターニュ地方名物のクレープともほとんど変わらぬ材料なので「厚焼きクレープ」とも外国人には言われたりします。

味や食感

表面には食欲をそそるほどよい焼き色がついていて、なかの生地にはコシと弾力のあり、モチモチとした食感。堅焼きプリンという感じでしょうか。そのプディング生地とプルーンの酸味との相性が抜群。

古いのに新しさをいつまでも感じさせる、フランスでは老若男女だれもが大好きな味わい&食感のお菓子です。

バリエーションいろいろ

ブルターニュ地方でも古くからプルーンだけではなく、よく使われてきたのが干しレーズン。要は「台所にあるもので作れるおやつ」。プルーンやレーズンではなくリンゴやアプリコット、桃や苺など季節のフレッシュな果物を使ってもOK。

特にプディング生地の甘みにアクセントとなる酸味のある果物がおすすめです。

牛乳ではなく、豆乳を使用してもよく、さらにはショコラ味や抹茶味など日本ならではのファーブルトンにしても楽しめそうですよね。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

rieyutenji

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう