ライター : Raico

製菓衛生師 / スイーツ&フードアナリスト / フードライター

情報誌の編集・ライターとして出版社に勤務後、パティシエとしてホテル・洋菓子店・カフェレストランにて修業を重ね、デザート商品開発に携わる。一方でフードコーディネーター、ラッピ…もっとみる

グラニュー糖と上白糖は何が違うの?

砂糖を購入する際、売り場にはたくさんの種類が並んでいます。白い砂糖といっても、「グラニュー糖」と記載されているものもあれば、「上白糖」と記載されているものもあり、混乱してしまった経験はありませんか。

どちらも同じ砂糖ですが、いったい何が違うのかご存知でしょうか。味や製法、料理によって、どう使い分けたらよいのかわかりますか?この記事では、そんな砂糖にまつわる疑問や、さまざまな種類の砂糖について解説します。

そもそも砂糖とは?

砂糖は、糖が結晶化したもの。多くの場合、サトウキビやてんさい(サトウダイコン)などの絞り汁を精製し、結晶化して作られる天然の甘味料です。

ひと口で砂糖といってもさまざまな種類があり、その原材料や製法により呼び名は異なります。なかでも、一般的な砂糖としてなじみのある「グラニュー糖」と「上白糖」について、詳しくみていきましょう。

グラニュー糖とは

グラニュー糖とは、原料を精製してショ糖を結晶化させ、そのまま乾燥させた純度の高い砂糖のことです。さらさらとした手触りとクセがない甘味が特徴。溶けやすいため、コーヒーや紅茶などの飲み物に入れるのに適しています。世界で一番使われている砂糖で、海外では砂糖というとグラニュー糖のことを指します。(※1,2)

上白糖とは

上白糖は、ショ糖を結晶化させるときに、濃厚な転化糖液(ビスコという)を少量ふりかけたものです。表面に糖液が付着しているため、風味はソフトながらグラニュー糖よりも甘く感じ、きめが細かくしっとりしているのが特徴。焼き色や焦げ目が付きやすいです。

日本固有の砂糖で、日本でもっとも使われています。お菓子や料理、飲み物などに幅広く使えるので、砂糖選びに迷ったら上白糖を選ぶとよいでしょう。(※1,3)

カロリーや甘味の違いは?

グラニュー糖と上白糖は、製造工程が途中までは同じ。仕上げの工程が違い、ショ糖の含有率や還元糖の有無といった差があります。両者は、カロリー面に違いはあるのでしょうか。(※4)

カロリー

100gあたりのグラニュー糖と上白糖のカロリーは、下記の通りです。

・グラニュー糖:387kcal
・上白糖:384kcal


メーカーによって多少違いはありますが、グラニュー糖と上白糖のカロリーはあまり変わりません。甘味に関してはグラニュー糖のほうが糖度は高いものの、口に入れたときに甘味をやや強く感じるのは上白糖。上白糖に含まれる糖液は、ショ糖よりも甘味が強いためです。(※5,6)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ