どの料理に合う?知っておきたい「砂糖」の種類と使い方

いつも使っている身近な調味料・砂糖。そんな砂糖には、たくさんの種類があることを知っていますか?今回は、砂糖の種類とその特徴についてまとめてみました。砂糖をうまく使い分けて、ワンランク上のお料理上手さんになっちゃいましょう♪

砂糖の種類、いくつ知ってる?

いろいろなお料理やお菓子作りに欠かせない調味料のひとつといえば砂糖。毎日使う調味料と言っても過言ではないかもしれませんね。

今回は、そんな砂糖の種類とそれぞれの特徴についてまとめてみました。砂糖を上手に使い分けて、いつものお料理をさらにおいしくしちゃいましょう!

白砂糖の種類と特徴

白砂糖は、主に不純物を除いたショ糖の結晶を取り出し、精製したもの。砂糖自体は実は白くなく透明で、結晶の粒子が光を乱反射するために白く見えるのだそうですよ。

比較的クセが少なく、いろいろなお料理やお菓子作りにも使えるのが特徴です。お料理初心者さんにもうれしい砂糖ですね。

上白糖

上白糖は、しっとりした感触が特徴的な「車(くるま)糖」のひとつです。もっともポピュラーな種類で、日本で「砂糖」といえば、基本的にはこちらの上白糖のことを指すと言っても過言ではないかもしれませんね。砂糖界のオールラウンドプレイヤーとも言えるでしょう。

先ほど上白糖は比較的しっとりとしていることに触れましたが、その秘密は表面にかけられた「転化糖」。転化糖とは、ブドウ糖と果糖に分解された甘味料のことです。つまり、ブドウ糖や果糖も含まれたものが、上白糖というわけですね。
上白糖のメリット
上白糖の最大の特徴は、なんといってもクセがなくいろいろなお料理とも相性がいいところ。素材本来の味を活かしたいお料理にも使えます。
上白糖のデメリット
デメリットは、消化吸収率が早いので比較的血糖値の上下に影響しやすいことが挙げられます。過剰摂取に注意しながら使用したいですね。

グラニュー糖

グラニュー糖は、「ザラメ糖」と呼ばれる砂糖のひとつです。粒が大きめでザラッとした舌触りが特徴。カステラに使われている印象も強いのではないでしょうか。グラニュー糖は、そんなザラメ糖のなか粒が小さく、サラサラとした感触が特徴的です。淡白でクセのない味わいなので、コーヒーや紅茶のお供にも適していますよ。

ところで、「グラニュー」とはどんな意味か知っていますか?実はこちら、英語で「粒状の」という意味の"Granulated"からきているのだそう。このことからも、結晶が大きい砂糖であることがよくわかりますね。
グラニュー糖のメリット
グラニュー糖はあっさりとした甘みが特長の砂糖なので、ドリンクに入れても本来の味を損ねることがほぼありません。甘すぎず、またくどくなり過ぎずに使うことができますよ。
グラニュー糖のデメリット
すっきりとした味わいのグラニュー糖は、深みを出したいときには不向きです。そのため、煮物などこってりとした甘みを出したいお料理の場合は、ほかの種類を使いましょう。

粉砂糖

おしゃれなお菓子のレシピにはしばしば登場するのが粉砂糖。白くて、名前の通り粉のようにさらさらとした砂糖のことです。お家に持っていなくても、みなさん一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。基本的にはグラニュー糖と同じもので、違いは粒子の細かさなんです。グラニュー糖を細かく砕いて粉状にしたものが粉砂糖と呼ばれているんですね。

元々湿気を吸いやすい性質の砂糖は、粒子が細かくなればなるほど余計にその性質が強くなるのだそう。そのため、粉砂糖には添加物としてコーンスターチが混ぜ込まれています。これによって粉砂糖のさらさらが保たれているんですね。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

motte

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう