とんかつ・フライとどう違う?「カツレツ」とは何か調べてみた

何げなく食べている「カツレツ」や「とんかつ」。このふたつの違い、すぐに答えられますか?またカツとフライも、はっきりとした違いがあります。豚カツを豚フライと呼ばない理由もご紹介!身近にあっても、よく知らなかった呼び方の違いがわかります!

「カツレツ」ってなんだ?

人気ファミレスメニューでも有名な、「カツレツ」。なんとなくどんな料理かイメージできても、説明するとなるとなかなか難しいかもしれません。日本で「カツ」料理というと、とんかつのイメージが強いですが、それとはどこが違うのでしょうか。

そんな紛らわしいカツの違いについてご説明します。ぜひチェックしてみてくださいね。

元はフランス料理の「カツレツ」

カツレツという料理は、元はフランス料理の「コートレット」というものです。言われてみれば、発音が似ていますよね。豚肉ではなく、仔牛の肉の薄切りに、目の細かいパン粉をまぶして油で炒め焼きのように調理するもの。

今では牛肉に限定されず、豚や鶏、魚類を使っていても調理法が似ていれば「カツレツ」と呼ぶこともあるのだそうです。

「カツ」とは

カツというのは、牛・豚・鶏などの肉にパン粉をつけてあげたもののこと。一見似ていますが、パン粉の目の細かさや、調理法(油で炒め焼きなのか、油のなかに完全に入れるのか)の違いもあるのです。

また、「カツ」という呼び方はほとんど肉類を指します。魚類を使用した場合は「フライ」と呼ばれることの方が多くなりますよ。

更に、最近では「カツ」というと、単にとんかつのことを言う場合もあるよう。カツレツとは結構違うのですね。

日本生まれのとんかつ

ちなみに、とんかつを初めて売り出したのは、昭和4年、上野御徒町の「ポンチ軒」。

現在は、廃業していてすでにないお店ということですが、コックの島田信二郎氏が、この洋食屋でとんかつを出したのが日本のとんかつの始まりと言われています。

「フライ」は?「フリット」は?似た食べ物も

「フライ」は、主に肉以外の具材、すなわち魚類や野菜を揚げたもののことを指します。

エビフライ、いかフライなどはフライのメニューとしてもお馴染みですよね。また、ポテトフライなどと言ったりもします。

ただ、元々「フライ」というのは「揚げたもの」という意味を持っていますので、広義として肉を含めても問題はないとする説もあります。

天ぷらは?

日本食で揚げ物といえば、最もポピュラーな天ぷら。

天ぷらは、肉、野菜、魚の食材の種類は問わず、卵と小麦粉で作った衣をつけて揚げたもののことをさします。

フリットは?

フライと天ぷらの間のような、フリットという料理もありますが、フリットは、衣にメレンゲを加えて揚げたものをいいます。

カツレツの基本レシピ

パイナップルの力でお肉を柔らかく仕上げた、ビーフカツレツです。基本の作り方に忠実になっていますので、作ったことがないという方はまずこちらから試してみてはいかがでしょうか?

これぞカツ!おいしいトンカツレシピ

主役の豚ロース肉は、脂身と赤身の境の部分を包丁の先で数カ所切り込みを入れるのが、おいしくきれいに揚げるコツです。パン粉はやさしく、ふんわり付けると、サクサクに仕上がりますよ。

買ってきたり、外食で食べるトンカツもおいしいですが、ご家庭で作った、でき立てのトンカツはもっとおいしいはず!

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう