ライター : suncatch

食生活アドバイザー / パンシェルジュベーシック

大阪市在住、大学生と高校生の子をもつ主婦ライターです。育児中に長期入院生活を経験したことで、「おうちごはん」を作る楽しさ、頑張りすぎずに「おいしく味わう」ことの大切さを実感…もっとみる

大分の郷土料理「やせうま」を作ってみよう!

やせうまとは

「やせうま」という不思議な名前の食べ物は、大分県で食べられている郷土料理です。「うま」と聞くと「馬」を思い浮べてしまいますが、馬肉料理ではありません。水で練った小麦粉を平たく長くのばして茹で上げ、きな粉と砂糖で食べる「おやつ」なんです。 地元では手作りのほか、やせうま用の乾麺も市販されていて、別府市では飲食店のメニューにもあるのだとか。学校で給食のメニューとして登場するなど、ソウルフードとして根づいています。

名前の由来

「やせうま」というユニークな名前の由来は、平安時代にさかのぼります。貴族の若君が乳母の作るおやつをとても気に入ったことから、乳母の名前「八瀬(やせ)」と「乳母(うま)」にちなんで「やせうま」と名づけれたそうです。ほかにも諸説ありますが、なんともインパクトのあるネーミングですよね。

うどんやだんご汁とは違う?

一見うどんやきしめんと似ているやせうまの麺ですが、その違いは生地を麺棒でのばして切るのでなく、手でちぎって引っ張りのばして平らな麺にする、という点です。そしてこの平らな麺を茹で上げ、甘く味付けしたものを「やせうま」、豚汁のような味噌(又は醤油)仕立ての汁に具材として入れたものを「だんご汁」といいます。

やせうまの基本レシピ

Photo by suncatch

家庭料理の「やせうま」は、ご家庭にある身近な材料で簡単に作れるのが魅力。作り方を覚えておくと、買い物に行けない日でも気軽に手作りおやつが楽しめますよ。弾力のあるもちもち食感で食べごたえ充分、素朴で優しい味はお子さんのおやつにぴったりです。ぜひ、チャレンジしてくださいね。

材料(2~3人分)

Photo by suncatch

・薄力粉……100g ・塩……2g ・水……50cc ・きな粉……大さじ2杯 ・砂糖……大さじ2杯 ・塩……ひとつまみ
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS