ライター : rinda

全国食べ歩きが趣味です。あとフードイベント系はもっと大好きです。

グリッシーニとは

グリッシーニとはスティック状のパンです。クラッカーのようにカリカリとした食感が特徴的。また、グリッシーニの細長い形状から「ブレッドスティック」と呼ばれることもあります。ふわふわとした通常のパンとは異なり、発酵の見極めがないので初心者の方でも作りやすい料理です。

グリッシーニの歴史

グリッシーニの誕生についてはいくつか説があります。有名なものは、1675年にイタリアで誕生したという説です。当時の王様は消化器の病気があり、その対策として作られたパンがグリッシーニでした。病弱だった王様はパンの白い部分を消化することができません。そこで消化しやすいよう、細長く作って焼き上げる、病人でも食べやすい細長いパンが生み出されました。これがグリッシーニの誕生と言われています。

名前の由来

グリッシーニの名前の由来は、「gherssa」という言葉にあると言われています。「gherssa」は北イタリアのピエモンテ州にある細長いパンを意味する言葉です。この言葉が語源となり、しだいに「gherssin」と変化。形状が似ていることからグリッシーニ と呼ばれるようになりました。

グリッシーニの食べ方

グリッシーニの正しい食べ方は、「手で折って食べる」ことです。そのままかじって食べてしまいそうですが、マナー違反となってしまうので注意しましょう。グリッシーニはひと口サイズに手で折り、こぼさないように食べるとスマートです。

グリッシーニはそのまま食べるだけでなく、アレンジして食べるのも醍醐味です。ディップソースを付けたり、生ハムを巻いたり、チョコレートをコーティングしたりと、幅広く楽しむことができます。

グリッシーニのレシピ7選

1. シンプルなおいしさ。粉チーズのグリッシーニ

粉チーズを練りこんで作る、シンプルなグリッシーニです。材料を捏ねてオーブンで25分程度焼き上げれば完成するため、とても簡単。ほんのりとしたチーズの塩気が、小麦粉の旨味を引き立たせてくれます。おやつとしても、ワインのおつまみとしても楽しめるひと品です。

2. イースト不使用で。ローズマリーのグリッシーニ

パンを作ろうと思ったけどイーストがない、というときにおすすめのレシピです。イーストの代わりに、ベーキングパウダーを使います。風味づけのポイントはローズマリー。上品な仕上がりになりますよ。シンプルな味わいなので、ディップソースを付けて食べるのがおすすめです。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ