今さら聞けない!こんにゃくのアク抜きって必要なの?【レシピ付】

こんにゃくはアク抜きをしたほうがおいしく食べられることをご存知ですか?今回はこんにゃくはなぜアク抜きをしたほうがいいのか、アク抜きのやり方、アク抜き不要のこんにゃくについて徹底解説します。おすすめレシピもありますので参考にしてくださいね。

なぜこんにゃくはアク抜きが必要?

炊き込みご飯や豚汁、おでんや筑前煮など、こんにゃくを料理に使うとき、みなさんはいつもアク抜きをしていますか?初めて聞いた方もいらっしゃるかと思いますが、アク抜きをしなかった場合と何か変わるの?と思う方も多いはず。今回はそんな素朴な疑問について解説していきます。

結論から言うと、アク抜きをしないからと言って食べられないといったことにはなりません。こんにゃくのアクとは、原料のこんにゃく芋が持っているエグミや臭み成分です。また、こんにゃくを作るときに使われる凝固剤にも同じような生臭さを発生させるアクが含まれています。

このアク抜きをする一手間で、こんにゃくの独特の生臭さやエグミが取れて食べやすくなります。そして、余分な水分が出てその分味が染みこみやすくなり、プルンとした食感でいただくことができるのです。

こんにゃくのアク抜き方法

手順

こんにゃくのアク抜きには、電子レンジで加熱したり、乾煎りしたりと様々な方法があります。ここでは、一番基本の塩もみしてから下茹でをする方法をご紹介します。

1. 塩もみ

まずこんにゃくを料理に合わせて食べやすい大きさに切りましょう。カットしたこんにゃくをボウルに入れ、小さじ1の塩を全体に振りかけ手でもみます。5分ほど置き水分が出てきたら水で洗い流し、ザルにあげてください。

2. 下茹で

鍋に水をたっぷり入れたら、塩もみしてきれいに洗ったこんにゃくを入れます。沸騰してきたら2~3分茹で、こんにゃくの表面が白くなってきたらザルにあげましょう。最後に冷水にさらしてアクをキレイに洗い流します。

コツ

・こんにゃくは包丁で切るよりもスプーンでちぎったり、手で適当な大きさにちぎるほうがこんにゃくの表面にざらつきが出て味が染みこみやすくなります。もしくは、切る前に包丁で浅く格子状に切り込みを入れても良いでしょう。

・沸騰したお湯で茹でるのではなく、水の状態からこんにゃくを入れて茹でるとたくさん余分な水分が出ます。そうすると、ハリが出て歯ごたえが良くなりますよ。

・加熱しすぎるとこんにゃくが硬くなってしまいますので注意しましょう。

「アク抜き不要」のこんにゃくは?

こんにゃくは料理に使いたいけれど、アク抜きをしている時間がない!そんな方にはアク抜き不要のこんにゃくがおすすめです。アク抜き不要こんにゃくとは、最初にお伝えした、エグミや独特の臭さを持つこんにゃく芋や凝固剤をカットしたり減量して作られています。

こんにゃく芋は生のままではなく、粉末にしてからエグミ成分を取り除いて使われています。凝固剤にしてもエグミの少ない物を使って作られるのです。この方法で作られたこんにゃくは生臭さや苦味、エグミがかなり軽減されるので、アク抜きをしなくても料理に使えます。

生のこんにゃく芋を使って作られたこんにゃくに比べると、風味や歯ごたえは少し落ちるようです。全くアクが入っていないというわけではないので、気になる方は軽く下茹ですることをおすすめします。

こんにゃくの活用レシピ3選

ここからはこんにゃくを使ったレシピを紹介します。しっかり下処理をしてから料理にとりかかりましょう。こんにゃくの歯ごたえや染みこんだ味を楽しんでくださいね。

1. こんにゃくの唐揚げ

なんとも斬新なこんにゃくの唐揚げです。アク抜きをしてから、下味をつけているのでこんにゃくにもしっかり味が染みこんでいます。ついついお箸が止まりませんが、お財布にやさしいのでたくさん作っちゃいましょう。食べ応えがあるのにひと皿あたり187kcalなので、お食事を気にしている方でも気軽に食べれますね♪

特集

SPECIAL CONTENTS