ライター : bambi

グルメ主婦ライター

奈良県在住、小学生2人を持つ主婦ライターです。奈良県と言えば鹿のイメージが強いと思いますが、美味しい食材もたくさんありますよ。

【昆布だし】玉こんにゃくの煮物レシピ5選

1. 飽きないおいしさ。 玉こんにゃくのサッパリ煮

玉こんにゃくそのものの味を味わうなら、シンプルな煮物がおすすめです。油で炒めた玉こんにゃくを白ネギと一緒にだしで煮詰めていきます。煮汁が少なくなったらきざみネギを散らして、七味唐辛子をひとふりすればおつまみにもぴったりなひと品になりますよ。

2. 旨味が溢れる。玉こんにゃくと厚揚げと椎茸の煮物

厚揚げ、椎茸と一緒に玉こんにゃくを煮れば、ご飯がすすむこと間違いなしです。旨みが玉こんにゃくに染みるので、翌日でもおいしいくいただけます。味がしっかりしているので、お弁当のおかずにも最適です。常備菜として作り置きするのもおすすめ。

3. おかずやおつまみに!豚肉と玉こんにゃくのうま煮

厚めに切った豚バラ肉の脂がコクを加えて、玉こんにゃくに合わせだしが染み込みます。煮汁が少なくなるまで煮詰めますが、合わせだしを加える前に、余分な脂をふき取るのがポイントです。一緒にゆで卵を加えれば、ボリューミーなおかずになりますよ。

4. 冷めてもおいしい。ひじきと玉こんにゃくの煮物

ひじきの煮物に玉こんにゃくを加えることで、噛みごたえもありボリュームもアップ!ひじきと合わせることで栄養バランスもよいので、うれしいですね。冷めてもおいしいので、お弁当のすき間おかずにもおすすめですよ♪

5. 里芋と相性よし。里芋と玉こんにゃくの甘辛煮

じっくりと味を染み込ませることで、里芋の粘り気と玉こんにゃくの異なる食感が一度に楽しめますよ。甘辛味は食欲もそそるので、たっぷり作って作り置きにしておくのもおすすめ。冷蔵庫に入れておけば、3日は保存可能ですよ。

【めんつゆ】玉こんにゃくの煮物レシピ5選

6. 冷たくてもおいしい。桜えびと玉こんにゃくの旨煮

桜えびの旨みがこんにゃくにたっぷり染み込んだ、さっぱりとした煮物です。煮汁が冷めていく間に味が染み込むので、あら熱が取れたら保存容器に移して冷蔵保存してください。冷たくしてもおいしいのが、このレシピのポイント。こまめにアクを取り除くことが、さらにおいしくするコツです。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ