こんにゃくのベストな保存方法は?冷凍すればお肉の代役に大変身!

おでんや煮物、豚汁等何かと欠かせない脇役のひとつ、こんにゃく。その正しい保存方法ってご存じですか?一度にあまりたくさん使わないため余りがちなこんにゃくですが、保存の仕方や保存期間を覚えて賢く料理に使いましょう!

2018年12月4日 更新

長期保存できる便利なこんにゃく

味噌汁や鍋、煮物、田楽など・・・様々な料理に使えて価格も安く、ノンカロリーなこんにゃく。ですが、一度に使い切ることが少なく、余らせてしまったことはありませんか。余らせてしまったこんにゃくを後日使おうと思っい、冷蔵庫に置いておいても結局使い道がなかったり、気がついた時にはニオイが気になって結局捨ててしまったという経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

こんにゃくは食物繊維豊富でノンカロリーな優秀食材のひとつ。弾力もあるため食べ応えもあり、アレンジもしやすいためできることであれば毎日でも口にしたいものです。そんな時、余ったこんにゃくを長持ちさせることができたら、料理に使うたびにこんにゃくを買わなくて済みますし、ちょっとした料理のアクセントに活用できるので、いいと思いませんか?

こんにゃくは保存状態によって、長期に渡って保存ができる便利な食材なのです。そこで今回は、こんにゃくの保存方法や賞味期限について詳しくご紹介します。

開封前のこんにゃくは冷蔵保存が基本!

基本的に、開封前のこんにゃくは冷蔵庫で保存します。少し前までは、こんにゃくも豆腐や納豆と同様、日持ちのしない食品として扱われていました。そのため、スーパー等では豆腐や納豆と同じ冷蔵コーナーに置かれて販売されていることも多いのですが、殺菌技術や梱包技術の発達により、現在は常温で保存することも可能ではあります。ですが、冷蔵販売されていたこんにゃくについては、購入後も冷蔵保存することをおすすめします。

また、いたしかたなく常温で保存する場合は高温多湿の場所は避け、冷暗所で保存するようにしてください。特に、気温や湿度が高くなる時期は注意が必要です。

開封前の賞味期限

開封前のこんにゃくの賞味期限は、各メーカ―によるものの、およそ30~90日程度です。ですが、保存状態がよければ半年くらいは日持ちするようです。

袋の水の正体は保存液!

こんにゃくの袋の中にたっぷりと入っている不思議な水。パンパンに入っているため、開封する際にいつもこぼしてしまうという方も多いのではないでしょうか。こんにゃくの袋の中の水は、こんにゃくと同じアルカリ水が入っています。このアルカリ水は殺菌作用があります。このお水に浸かっているために、開封前のこんにゃくは比較的賞味期限が長いのですね。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう