12. さっぱり食べたい。さんまとごぼうの梅煮

脂ののったさんまを梅干しと一緒に圧力鍋で煮込むと、さっぱりとして食べやすい煮魚ができます。さんまが安く手に入ったときは多めに買って、まとめて煮込むといいですね。

一緒にごぼうを入れると、さんまの出汁をよく吸っておいしく煮上がりますよ。

13. 味が染み込む。カレイと大根の煮付け

煮魚の定番、カレイの煮付けも圧力鍋を使えば簡単。今回は大根と一緒に煮込むレシピをご紹介します。大根は皮をむいて切り、下ゆでなしにそのまま入れてOKです。

カレイは圧力鍋に入れる前に熱湯をかけ、臭みをとっておきましょう。

14. コクうま!ぶり大根

こっくりとした味でご飯が進む、ぶり大根の煮物。圧力鍋を使えば短時間で深い味わいに仕上がります。ぶりは切り身でも、アラを使ってもいいですよ。 加圧が終わったら蓋を開けて、好みの味になるまで煮詰めましょう。時々スプーンで煮汁を具材にかけてあげると、早く味がしみます。

15. 旨味たっぷり。 ニシンの昆布巻き

何かと手間がかかるニシンの昆布巻きも、圧力鍋を使えば失敗が少なく簡単。 身欠きニシンがほろほろ食感に仕上がり、やわらかく食べやすくなりますよ。

昆布はたっぷりの水につけて戻します。昆布を取り出した後の水は煮込む際に使うので、捨てずにとっておいてくださいね。

16. 上手に煮える!イカのやわらか生姜煮

イカを長く煮すぎて硬くなってしまった経験はありませんか?圧力鍋を使うと、イカが硬くならずにやわらかく仕上がるのでおすすめ。生姜をきかせたイカの煮物は、お弁当のおかずにもいいですよ。

密閉容器に入れて冷蔵庫に入れておけば、3〜5日ほど日持ちします。

17. 臭みもナシ。さばのピリ辛煮

鯖の切り身を使った、ピリ辛味の煮魚レシピをご紹介します。圧力鍋を使うと煮崩れが少なくきれいに仕上がるので、煮魚ビギナーの方におすすめ。 仕上げに蓋を開けて煮詰める際に、青ネギを切ったものを加えて一緒に煮込み、付け合わせに添えてください。

編集部のおすすめ