作り方

1. 調理する30分ほど前に牛肉を冷蔵庫から出して、常温に戻したら片面に塩コショウをふりかけます。

Photo by uli04_29

2. スキレットを強火にかけて、よく熱します。

Photo by uli04_29

3. 牛脂を入れて脂をスキレットに馴染ませます。よく馴染んだら牛脂を取り出しておきましょう。

Photo by uli04_29

4. 強火のままのスキレットに塩コショウをした面を下にして牛肉を入れ、30秒ほど焼いたら弱火にして2分焼きます。

Photo by uli04_29

5. 片面を焼いている間に、上になっている面に塩コショウを振っておきます。

Photo by uli04_29

6. 2分経って裏返したら、片面も同じように強火で30秒、弱火で2分焼きます。

Photo by uli04_29

7. 牛肉をスキレットから取り出して、アルミホイルに包みます。

Photo by uli04_29

8. アルミホイルに包んだまま10分ほど休ませたら、お好みの大きさに切り分けます。

Photo by uli04_29

9. 付け合わせの野菜と一緒に盛り付けたら完成です。

Photo by uli04_29

作るときのコツ

焼き加減をレアにする場合は、強火で30秒焼いたあと弱火で1分、裏返して同じように30秒強火で1分弱火で焼いてください。ウェルダンは、強火でお肉から肉汁が出てくるまで十分に焼き、裏返してまた肉汁が出るまで強火で焼いたら完成です。 肉汁を封じ込めるために、どの焼き加減でも焼いた直後はアルミホイルに包んで休ませてからカットするといいですよ。 スキレットの持ち手は非常に熱くなるため、必ず鍋つかみやミトンを用意しましょう。

他のお肉でも!人気レシピ5選

1. チキンとじゃがいものロースト

シンプルなチキンステーキの付け合わせには、にんにくの効いたじゃがいもや玉ねぎが相性抜群です!弱火でしっかりと火を通しましょう。蓋がなければ、アルミホイルをかぶせて蓋代わりにすればOKです。 付け合わせの野菜をチキンと焼いて、そのまま食卓に出すことができる手軽さもスキレットの魅力。温かいほくほくのじゃがいもと一緒に、パリっと柔らかく焼かれたチキンを味わいましょう。

2. 漬け込みタンドリーチキン

スパイスの香りが食欲をそそるタンドリーチキンもおすすめです。漬け込んでスキレットで焼き上げるタンドリーチキンは、ご家庭ではもちろんキャンプなどアウトドアに最適。 アルミホイルで蓋をして弱火から中火でじっくり焼き上げることで、しっとりとした食感がおいしいチキンに仕上がります。こんがり焼かれたタンドリーチキンは子供も大人もメロメロになってしまいますよ!

3. スペアリブの塩レモン焼き

塩レモンとローズマリーを使って魚焼きグリルで焼き上げるスペアリブは、爽やかで食べすくいおしゃれなひと品。伝熱性の高いスキレットだからこそ、グリルの中に入れて焼くだけで、上からも下からもしっかりと熱が入って、ふっくらジューシーなお肉に焼き上がります! ポイントは焼き上げたあとに余熱でお肉の中心まで火を通すこと。早く食べたい気持ちを抑えて、5分だけグリルの中でお肉を休ませてあげましょう。

4. 豚肉とミニトマトのソテー

薄く小麦粉でコーティングされた表面がカリッと食感のたまらないポークステーキはいかがでしょう。トマトと豚肉を一緒に蒸し焼きにすることで、豚肉はふっくらと、トマトは豚肉の脂と馴染んで甘みが引き出された絶品の付け合わせに大変身! シンプルに塩コショウのみの下味で焼き上げれば、どんなソースとも合いますよ。ぜひ、お好みのソースを添えていただいてみてくだい。

特集

FEATURE CONTENTS