やわらかジューシー!牛モモステーキの作り方&アレンジ3選

牛モモステーキを、やわらかくジューシーに焼きましょう!脂身が少なく、やわらかい牛モモはステーキにおすすめの部位です。赤身肉である牛モモを、おいしく焼き上げる方法をご紹介します。ポイントをおさえて焼き上げた牛モモステーキは、噛むたびに肉汁が口のなかにあふれ出しますよ。

2019年5月14日 更新

牛もも肉を上手に焼くコツは?

牛モモ肉を切る様子

Photo by uli04_29

牛もも肉はどこの部位?

牛モモとは、牛の後ろ脚(太もも)部分です。脂肪が少ない赤身肉です。内モモ肉はやわらかいため、ステーキに向いています。上質な赤身肉として知られる「ランプ」や「イチボ」も、牛モモ肉に分類されます。

牛モモ肉の焼き方

厚みのある牛モモを、おいしいステーキにするには、高い温度で焼きすぎないのがポイント。高温で表面を焼き、うまみを引き出す方法。そのあとで、弱火で好みの焼き加減になるよう焼きます。

焼いたあとに肉を休ませることで、余熱を利用して、中心までふっくらやわらかく仕上がります。※焼き方はさまざまあり、牛モモ肉の厚さや大きさによっても違ってきます。

牛モモステーキの作り方

牛モモ肉のステーキを盛ったカッティングボード

Photo by uli04_29

今回ご紹介するのは、2cm以上の厚さがある牛モモ肉の焼き方です。レアに近いミディアムレアや、絶妙な火の通りのミディアムに焼き上げるポイントもご紹介します。火加減と肉の弾力をチェックして、理想の焼き加減に仕上げましょう!

材料(2人分)

牛モモ肉とオリーブオイル、塩こしょう

Photo by uli04_29

・牛モモ肉……300g(2cm以上の厚みがあるもの)
・塩……3つまみ(3gほど)
・こしょう……適量
・オリーブオイル……大さじ1

下準備

1. 室温に戻した牛モモ肉に塩こしょうを振る

牛モモ肉に塩こしょうをまぶす様子

Photo by uli04_29

調理の30分から1時間前に、牛モモ肉を冷蔵庫から出しておきます。室温に戻った牛モモ肉は、焼く直前に塩こしょうを振りかけましょう。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

Uli

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう