コスパで選べば「牛もも肉」!切り方別アレンジレシピ15選

肉食女子でも脂は気になりますよね。そんな方におすすめなのが「牛もも肉」です。比較的脂肪が少ない肉質は、赤身肉の旨みが楽しめます。ブロック、薄切り、切り落としを用途別に保存しておけば、料理のバリエーションが広がりますよ。

2018年10月16日 更新

牛もも肉は万能アイテム

牛もも肉のレシピはバラエティーに富んでいます。かたまり肉はローストビーフやシチューなどの煮込み料理にしたり、薄切り肉はすき焼きや肉巻きなどにアレンジできます。リーズナブルな切り落とし肉なら軽く火を通すだけでもおいしいので、炒め物だけでなくご飯に混ぜたりスープにしたりと料理の幅も広がります。そんな万能アイテムの牛もも肉をどんな風に調理するか、切り方別でおすすめレシピをご紹介しましょう。

牛もも肉「ブロック」のレシピ5選

1. 王道のローストビーフ

手がかかるように思われるローストビーフですが、意外と簡単なんです。下ごしらえをきちんとすれば、あとはオーブンにおまかせ!おもてなし料理用覚えておくと便利ですよ。オーブンによって焼き時間もかわってくるので、何度か作ってコツをつかみましょう。

2. ちょっと気取ってボルシチ

寒い日にピッタリなのが、ロシア料理のボルシチです。ポイントは赤いビーツ。最近は水煮缶が売っていますので、手軽に作ることができるんです。ビーツがなければトマトの水煮缶で代用できます。野菜たっぷりのスープは体の芯から暖まりますよ。最後にサワークリームを添えれば完璧です。

3. 圧力鍋であっという間にビーフシチュー

洋食屋さんのビーフシチューも圧力鍋とデミグラスソースがあれば、家庭料理の定番メニューになります。デミグラスソース缶を全部いれると鍋底が焦げるので、必ず半量で圧をかけて、圧が下がったら残りの半量を加えてくださいね。赤ワインを使うことで、大人の味に仕上げてくれます。
1 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

leiamama

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう